ロード中...
カートは空です   カートは空です

ハッシエンダ エル コンドル

MILLAMAN

ミラマンのワインは、チリの黄金のコンドルにちなんで名付けられています。エル・コンドルの畑で作られた最高品質の葡萄が供給されており、ここは、サンティアゴの南230km程の所にあるクリコヴァレーに位置する最高の畑で、200ヘクタールに及んでいます。

ここは、チリにおいて、最古で最も葡萄栽培に適した地域の一つです。一世紀を経た畑は、敷地内を流れるマタキント川からの清らかな水で、注意深く灌漑がなされています。ワイナリーの最も古い部分は、前世紀の終りに建設され、ミラマンワイナリーでのワイン醸造の長い伝統を証明しています。最も要求の多いインターナショナルマーケットのリクエストに応えられるよう、長年の間に、ワイナリーは拡張され、近代化されました。

 
 

ミラマン-ハッシエンダ・エル・コンドル

ミラマンとシャトー・ムートン・ロートシルトクレール・ミロン、ダルマイヤック、オーパス・ワンアルマヴィーヴァエスクード・ロホとの共通点とは何でしょうか?

ミラマンとは、今日ミラマンの一連のワインが造られている土地の古代の居住者にとって、黄金のコンドルを意味する。200ヘクタールの最高の畑を持つこのハッシエンダは、チリで最も古く、最も評価の高いワイン生産地の一つである、クリコヴァレーの中心に位置する。
この一世紀を経た畑は、敷地内を流れるマタキント川からの清らかな水で、注意深く灌漑がなされている。

ワイナリーの最も古い部分は、前世紀の終りに建設され、ミラマンワイナリーでのワイン醸造の長い伝統を証明している。最も需要の高い国際市場のリクエストに応えられるよう、長年の間にワイナリーは拡張され、近代化された。

時代の変化に遅れることなく、元々ワイナリーがあった場所に2002年ヴィーニャ・ミラマンは最新技術を取り入れた、新しい施設を建設した。100年前のアドーベ(日干し)煉瓦造りの壁が、最初のワイナリーにあったチリの植民地時代風の建築様式を保持する為、注意深く再現された。彼らの地下セラーは150個のオーク樽を貯蔵する容積があり、最高のボトルを保持する為の特別にデザインされた棚がある。

 

彼らの醸造チームは現在著名なワインメーカー兼農業エンジニアであるパスカル・マーティーにより監督されている。彼は、ボルドーの著名な生産者、バロン・フィリップ・ロートシルトとの仕事を含め長年の経験を持つ。そこで彼は、シャトー・ムートン・ロートシルト、クレール・ミロン、ダルマイヤックなど高貴なワインの様々な生産過程に従事する機会を得た。更に彼は、アメリカ合衆国ではアイコンワインであるオーパス・ワン、チリとエスクード・ロホではアルマヴィーヴァの発展に従事した。この後者のベンチャーである、エスクード・ロホのファーストラベルは2001年初頭に導入された。即座に成功を収めたエスクード・ロホは、2001年の終わりには『ワイン・スペクテーター』の表紙を飾った。ミラマンは彼らの後に続くことを願っている。