商品フィルタ

ハッシエンダ エル コンドル

ミラマンのワインは、チリの黄金のコンドルにちなんで名付けられています。エル・コンドルの畑で作られた最高品質の葡萄が供給されており、ここは、サンティアゴの南230km程の所にあるクリコヴァレーに位置する最高の畑で、200ヘクタールに及んでいます。

ここは、チリにおいて、最古で最も葡萄栽培に適した地域の一つです。一世紀を経た畑は、敷地内を流れるマタキント川からの清らかな水で、注意深く灌漑がなされています。ワイナリーの最も古い部分は、前世紀の終りに建設され、ミラマンワイナリーでのワイン醸造の長い伝統を証明しています。最も要求の多いインターナショナルマーケットのリクエストに応えられるよう、長年の間に、ワイナリーは拡張され、近代化されました。

ミラマンとは、今日ミラマンの一連のワインが造られている土地の古代の居住者にとって、黄金のコンドルを意味する。200ヘクタールの最高の畑を持つこのハッシエンダは、チリで最も古く、最も評価の高いワイン生産地の一つである、クリコヴァレーの中心に位置する。
この一世紀を経た畑は、敷地内を流れるマタキント川からの清らかな水で、注意深く灌漑がなされている。

ワイナリーの最も古い部分は、前世紀の終りに建設され、ミラマンワイナリーでのワイン醸造の長い伝統を証明している。最も需要の高い国際市場のリクエストに応えられるよう、長年の間にワイナリーは拡張され、近代化された。

時代の変化に遅れることなく、元々ワイナリーがあった場所に2002年ヴィーニャ・ミラマンは最新技術を取り入れた、新しい施設を建設した。100年前のアドーベ(日干し)煉瓦造りの壁が、最初のワイナリーにあったチリの植民地時代風の建築様式を保持する為、注意深く再現された。彼らの地下セラーは150個のオーク樽を貯蔵する容積があり、最高のボトルを保持する為の特別にデザインされた棚がある。

新しいワインメイキング・コンサルタント
2010年12月からミラマンのワインメーカーの責任者は、チリのワインメーカーとして最も有名な一人であるステファノ・ガンドリーニと密接に協力し始めました。

他にはないこのチームは、常にミラマンの特徴となっている卓越性を求め、品質と差別化を強化するためにいくつもの商品を用意しています。

環境に優しいミラマン
よりエコになるために、より軽いボトルを使用しています。2009年にコンドルから開始しましたが、現在はより高級なエステート・リザーブでも使用されています。ミラマンは、二酸化炭素排出量を減らし、より良い世界のために常に改革を行っています。

<生産者プロフィール>

ステファノ・ガンドリーニは1966年チリに生まれ、多文化の精神をもつ。イタリア語とスペイン語を母語に、フランス語と英語が堪能。仕事と留学で世界中を廻り、各地から沢山の影響を受けてきた。チリのCatolica大学で作物栽培学の学位、イタリアのピアツェンツァで醸造学の修士号、ボルドー大学で醸造学の学位を取得した。94年にシャトー・コス・デストゥルネル、94-95年にシャトー・パヴィ、95年にブルゴーニュでルイ・ラトゥール、96年にカリフォルニアでロバート・モンダヴィでの就労経験とともに学業を修めた。アルゼンチンのドナ・パウラ、チリのヴィーナ・ヴィスタ・マーとサンタ・リタで働いた後、現在はワインメーカーであり、またレイダの敷地のGandolini, Ventoleraとアコンカグアの敷地のvon Sibenthalの頭文字を取ったGVVテロワールの管理責任者である。レイダの冷涼な気候は素晴らしいピノとソーヴィニヨン・ブランを産み、アコンカグアはカルメネールを含む赤ワインの葡萄品種から沢山のワインを造る銘醸地である

アレクシス・カストロ:私たちのワインメーカー、アレクシス・カストロはタルカのマー大学で作物栽培学を学び、Católica del Maule大学大学院で醸造学を専攻した。スペインの葡萄畑で働いたあと、ここ10年間は時間のみならず気持ちの面においても、私たちの組織に専心している。