2012年10月

コンテンツ

  • メニュー
  • メールニュース登録フォーム

    初回登録限定のグラスプレゼントクーポン配信中♪

    2012年10月

    ピーロート ニュースレター 2012年10月
     今月の引用文

    「ワイン、それは瓶に籠められた詩である。」 ロバート・ルイス・スティーヴンソン

     News

     エノリア日本発上陸!


    エノリアは、ワインと美容大国フランスでブドウに含まれる還元力をもつ天然成分ポリフェノールの研究から生まれた芳醇スキンケアラインです。この度弊社より販売開始致します。詳細はこちらをクリックして下さい。

     タイラー基金へ寄付・チャリティイベントへ参加いたしました。

    当日の会場の様子をご覧下さい。
    弊社取り扱いワインもサーヴされました。
    弊社のブースではこの度リリースするコスメの商品も紹介させて頂きました。
    ディナーの模様です。

    後日弊社代表取締役ローラン・フェーブル宛にタイラー基金より感謝状が届きました。

     ソーテルヌの生産者達が来日致しました。



    先月ソーテルヌを代表する6生産者(クーテ、クリマン、ギロー、ファルグ、レイヌ・ヴィニョー、スデュイロー)が来日致しました。ワインライター青木冨美子さんが、その時の模様を産経ニュース電子版の自身のコラム「ワインのこころ」にてレポートして下さいました。記事は下のリンクよりお読み頂けます。
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/121011/trd12101116580009-n1.htm
    また、弊社広報部長ウィラハンがSHOT マガジンにて、ソーテルヌに合う食事、マッチングの秘訣、お薦めを披露しております。 こちらも是非ご一読の上、ソーテルヌの世界を堪能して下さい!
    http://www.shotmagazine.jp/2012/10/dont-call-sweet/
    弊社社員向けのトレーニングも行われ、生産者によるプレゼンテーションおよび各々のワインの試飲が行われ、生産者の声を直に聞きながらソーテルヌへの知識を深める機会となりました。質問も多く挙がり、予定終了時間を越えての活気に満ちたトレーニングでした。

     著名ワインメーカー、ポール・ホッブズ氏来日間近!

    世界で最も成功しているワインメーカーの一人といわれるポール・ホッブズ氏が近々来日とのことです。同氏は、パスカル・トソのワインメーカー・コンサルタントとして活躍されてます。この来日を記念して下記のトソ・ワイン・セットをご提供致します。
    パスカル・トソ6本セット

    商品の詳細はこちらから。
    トソ カベルネ ソーヴィニヨン リミテッド・エディション (2010) - 6本セット

    商品の詳細はこちらから。
     イベント告知:レディーズ&ジェントルマン ワインメーカーズ来日イベント


    11月23日開催のイベントの詳細はこちらからもご覧頂けます。
    11月24日開催のイベントの詳細はこちらからもご覧頂けます。
     ピニノがデカンター・ワールド・ワイン・アワーズ2012を受賞!

    この度ピニノ・ワイン・エステートが、デカンター・マガジンが選ぶワールド・ワイン・アワード2012を受賞致しました。こちらの生産者も11月のイベントで来日します!

    商品の詳細はこちらから。

     グラッタマッコ(2009)がヴィン・ディタリアで3グラス獲得しました

    商品の詳細はこちらから。
     ホワイトヘイヴン ソーヴィニヨン・ブランがチャンピオンに選ばれました!
    ホワイトヘイヴン・ソーヴィニヨン・ブラン (2012)がシュピゲラウ・インターナショナル・ワイン・コンペティション2012においてチャンピオンに選ばれました!商品の詳細は下記リンクからご覧頂けます。
    商品の詳細はこちらから。
     今月のワイナリー

    オーパス・ワン

    創立者ロートシルト (ロスチャイルド) 家は、ヨーロッパの偉大なワインファミリーとして最も有名です。その中でも特に有名なのは、フィリップ・ド・ロートシルト男爵です。彼は、20歳の若さで、父、アンリ男爵からシャトー・ムートン・ロートシルトの経営を引き継ぎ、その後ワイン業界に革新をもたらしました。また、シャトー元詰めを考案し、著名な芸術家にラベルのデザインを依頼し、1979年にはロバート・モンダヴィとパートナーを組みオーパス ワンを創立しました。

    続きはこちらから。
     Wine & Food

    ひよこ豆とトマトのオーブン煮とネグレスコ

    ひよこ豆:ゆでておいたもの450グラム 
    トマト:よく熟したもの大2個
    オニオン:半個
    ベーコン:3枚
    オリーブオイル少々
    ケチャップ:大さじ2くらい
    塩、胡椒
    シナモン
    タイム:3~4本ほど
    紫玉ねぎ:小1個
    黒蜜:少々

    フライパンにオリーブオイルをいれ、ベーコンを入れ炒める。更に玉ねぎを入れ炒め、玉ねぎを透き通ってきたら、ゆでておいたひよこ豆、刻んでおいたトマト、タイムを入れ、数分煮る。塩、胡椒、ケチャップで味付けをし、シナモンも加える。

    上記を耐熱ガラスの容器に移し、スライスしておいた紫玉ねぎを上に乗せる。各々の玉ねぎの上に黒蜜を少々かけ、オーブンを200度にし30分煮る。

    ひよこ豆は、缶詰のものでも良いですが、自分でゆでると素晴らしく美味しいです!私は、時間のある時に一袋全部をゆで、冷凍しておきます。解凍すればすぐ使えるので便利です。

    このワインには、プロヴァンツァネグレスコを合わせました。このワインは、一言でいうと、オールドワールドとニューワールドの中間くらいにあるスタイルを持つワインです。果実味は濃縮されすぎず、ミディアムボディで、酸味は中くらい。上品なベリー風味を持ちます。熟したトマトが持つ優しい酸味とオニオン、ケチャップから来るほのかな甘さがワインの果実味にぴったりです。お料理の後味に残るシナモンの余韻がこのマリアージュに複雑さを与えています。 

    テキスト by ウィラハン・麻未

     皆様と御友人にワインを2本プレゼント!


     今月の星座 

    今月の星座-蠍座  
    蠍座
    10月22日 – 11月 21日

    哲学
    欲望を抱く


    性格
    蠍座は生命力に満ち溢れた運命を導き、人間関係においては濃密で劇的である。幼少期においても、実年齢以上に賢明である場合が多い。蠍座は大体において全ての答えを知っているが、自分の幸福を満たすための答えとなると見つけるのに時を要する傾向がある。

    蠍座は情熱、欲望、能力を持ち合わせている。蠍座にとって人生最大の困難と試練は、真実の愛と権力愛のいずれかを選択することである。それらを前にすると、並外れた奥深い感情と感受性を生かすことが難しくなる。蠍座のパートナーと何年か共に過ごしても、彼らの本性は掴み難い。目は輝きに満ちてはいるが、そこから真の感情や言葉は表現されることはない。本心は「イエス」であっても実際は「ノー」と言うことがとても多い。

    多くの蠍座は勝ち組である。最も考慮すべきことは姿勢である。姿勢が意志につながり、それが物事を良い方もしくは悪い方に進むかを決定づける。事柄は人に対してネガティブな姿勢であったり、自分自身に対して否定的であると、そのネガティブさが進む方向を阻む傾向にある。

    ワインに関しては、蠍座は土壌やアルコール度数など詳細情報に興味はない。むしろ重要なのは、味とコストパフォーマンスの比率である。蠍座はグラスの中身に重点を置き、ひたすらそれに専念する。蠍座は少人数のワイン愛好者達と誰にも邪魔をされずにワインを楽しむのが好きなのである。しかし、挑まれれば、小さなワインコンペティションで勝ったり、豊かな知識をひけらかすことへの欲は無限大である。

    お勧めのワイン
    カベルネ・ソーヴィニヨン
    シラー

    ワインとの類似点
    ...秘密主義
    ...タフで遅咲き
    ...世話が焼ける

    蠍座の有名人
    クロード・モネ
    ジョディフォスター
    ラリー・フリント
    セオドア・ルーズベルト

     

    メール購読ニュースを解除するにはips@pieroth.jp にメールでお知らせ下さい。