2013年10月

コンテンツ

  • メニュー
  • 2013年10月

    ピーロート ニュースレター 2013年10月
     今月の引用文

    愛はワインのようだ。一口なら素晴らしい。しかし1本空けるのは頭が痛い。
    フリオ・イグレシアス (スペインの歌手)
     News
     南アフリカワイン検定が始まります!
    2014年3月に、一般社団法人ワインアンドスピリッツ文化協会が運営し、南アフリカ共和国大使館と南アフリカワイン協会(WOSA)が公式認定する新しいワインの検定、南アフリカワイン検定が始まります。その公式テキストブック、田辺由美先生著『南アフリカワインのすべて SOUTH AFRICA Wine Story』のプレス向け出版記念パーティーが先日行われました。
    当日は、弊社のボーランド・セラー ファイヴ・クライマットシリーズのシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンのほか、高品質な南アフリカワインがサーブされました。
    南アフリカは、日々進化を遂げているワイン産地です。南アフリカワイン検定は、南アフリカワインの普及・啓蒙を目的としたもので、受験資格を設けておらず、どなたでもチャレンジできます。検定の詳細につきましては、こちらからご覧ください。
    http://www.wsca.jp/africa.html
    こちらの検定にぜひチャレンジしたい!という方がいらっしゃいましたら、弊社ワインコンサルタントへお気軽にお問い合わせください。受験料のインポーター割引が適用可能です。
    また、ご紹介した田辺先生の著書には、弊社取り扱いのボーランド・セラーも紹介されています。ぜひご一読ください。
     ドメーヌ・ドゥ・バロナークの支配人の来日を記念したイベントが行われました
    9月12日(木)、ドメーヌ・ドゥ・バロナークの支配人 ヴァンサン・モンティゴ氏、及びシャトー・ムートン・ロートシルトのテクニカル・ディレクター フィリップ・ダルアン氏の来日を記念し、東京アメリカンクラブにて3つのイベントが行われました。
    午前中は、プレス向けのレクチャー&ワイン会が行われ、以下のワインとお料理のマリアージュをお楽しみいただきました。

    ランチメニュー
    Snow Crab cake,saffron aioli, arugula salad,roast pine nuts, lemon confit
    2011 Domaine de Baron’Arques Chardonnay
    Grilled tuna,komatsuna bonito risotto,sun dried tomato,grana padano
    2010, 2008, 2007 Domaine de Baron’Arques
    Roasted beef sirloin,smoked eggplant puree,sauce bordelaise
    2005 Chateau Mouton Rothschild Petit dessert

    午後からは、弊社のお客様対象のレクチャー&テイスティングとメーカーズ・ディナーが行われました。レクチャー&テイスティングでは、4種類のワインのレクチャーの後に、フードとのマリアージュもお楽しみいただきました。
    ワインリスト
    ‘11 Domaine de Baron’Arques Chardonnay
    ‘10 Domaine de Baron’Arques
    ‘08 Chateau Mouton Rothschild
    ‘07 Chateau Mouton Rothschild
    フードメニュー
    Roasted leek & cheese potato tortilla.
    Pane tomate with jamon Serrano.
    Fried squid with caper salt.
    Smoked chicken skewers.
    メーカーズ・ディナーでは、シャトー・ムートン・ロートシルトのコマーシャル・ディレクター エルヴェ・グアン氏も加わり、盛大なディナー会になりました。バロナークのヴァンサン氏のサイン入りのシャルドネが当たる抽選会も行われ、特別な一夜となりました。
    ディナーメニュー
    Poached lobster salad, orange vanilla vinaigrette, micro herbs, fresh mango
    2011 Domaine de Baron’Arques Chardonnay
    White bean cassoulet, smoked bacon, duck leg, white sausage,rosemary
    2010, 2008 Domaine de Baron’Arques
    Black olive braised lamb shoulder,foie gras, comte pomme puree
    2009, 2005 Chateau Mouton Rothschild
    Aged mimolette with confit of onion
    Petit dessert

    写真注釈

    上段右:シャトー・ムートン・ロートシルトのテクニカル・ディレクター フィリップ・ダルアン氏

    上段中央:ドメーヌ・ドゥ・バロナークの支配人 ヴァンサン・モンティゴ氏

    上段左:シャトー・ムートン・ロートシルトのコマーシャル・ディレクター エルヴェ・グアン氏

     ダイナースクラブ フランス レストランウィークのイベントが行われました

    弊社が協賛したイベント、「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2013」の関連行事として、イベントに参加したレストランの一つであるミシュラン1つ星獲得『RESTAURANT FEU(フウ)』の松本浩之シェフによる「“発見!日本のテロワール”クッキングデモンストレーション」が、9月29日にル・コルドン・ブルー代官山校にて開催されました。

    当日は、今年度のイベントテーマである国産の食材を使用した「ワインに合うおもてなし料理」と弊社のワイン3種のマリアージュをお楽しみいただくという素晴らしい内容で、弊社のお客様20名様にご参加いただきました。
    ワインは全て南仏のジェラール・ベルトランのもので、最初にアペリティフとしてコード・ルージュをお楽しみいただき、休日の昼下がりに相応しいリラックスした雰囲気のイベントとなりました。
    実演のお料理は『岩手県宮古産の根昆布とホタテ貝のリゾット』で、その他に『田舎風テリーヌ』『コンテチーズのクレーム・ブリュレ』の計3品をご試食いただき、リゾットには’11 シガリュス ブランを、テリーヌには’11 シガリュス ルージュを合わせてお楽しみいただきました。
    松本シェフはご自身のフランスでの修行時代のエピソードを交えながら、お料理のコツなどを非常に分かりやすく丁寧にご説明くださり、お客様の笑顔で溢れた非常に楽しいイベントになりました。
     ウェブマガジン「cafeglobe」にて掲載中

    弊社広報部長ウィラハン麻未によるワインとフードのコラムがウェブ・マガジンcafeglobeに掲載されております。

    ・ハロウィーンのおもてなしメニューには、甘めのワインが合う
    是非ご一読下さいませ。
     メナージュ・ア・トロワのアメリカ国内でワイン高評価

    弊社取り扱いのメナージュ・ア・トロワのワインはこちらから
     '09 シャトー・クラーク、デキャンター誌よりトロフィー受賞

    現在、'07を取り扱っております。商品の詳細はこちらから
     イベント情報
    Mission Code Rouge
    レディーズ&ジェントルメン・ワインメーカーズ来日イベント in Tokyo
    レディーズ&ジェントルメン・ワインメーカーズ来日イベント in Osaka
     今月のワイナリー
    ボーランド・セラー
    ケープ・ワインランズの中心に位置するボーランド・セラーーは、真の可能性を急速に実現し、過去10年でダイナミックで進歩的なセラーへと進化を遂げた。このワイナリーは変革期にあるが、ここでは南アフリカのように歴史の浅い民主主義者の開拓精神が優勢であるが、300年以上にわたるワイン製造の伝統も取り入れている。この国の様にこのワイナリーは安定性を提供しつつ、ニューワールドとオールドワールドを包含すると同時に、21世紀の課題に果敢にも取り組んでいる。
    続きはこちらから
     皆様と御友人にワインを1本プレゼント!

     今月の星座

    蠍座

    10月22日 – 11月 21日

    哲学

    欲望を抱く

    性格蠍座は生命力に満ち溢れた運命を導き、人間関係においては濃密で劇的である。幼少期においても、実年齢以上に賢明である場合が多い。蠍座は大体において全ての答えを知っているが、自分の幸福を満たすための答えとなると見つけるのに時を要する傾向がある。蠍座は情熱、欲望、能力を持ち合わせている。蠍座にとって人生最大の困難と試練は、真実の愛と権力愛のいずれかを選択することである。それらを前にすると、並外れた奥深い感情と感受性を生かすことが難しくなる。蠍座のパートナーと何年か共に過ごしても、彼らの本性は掴み難い。目は輝きに満ちてはいるが、そこから真の感情や言葉は表現されることはない。本心は「イエス」であっても実際は「ノー」と言うことがとても多い。多くの蠍座は勝ち組である。最も考慮すべきことは姿勢である。姿勢が意志につながり、それが物事を良い方もしくは悪い方に進むかを決定づける。事柄は人に対してネガティブな姿勢であったり、自分自身に対して否定的であると、そのネガティブさが進む方向を阻む傾向にある。

    ワインに関しては、蠍座は土壌やアルコール度数など詳細情報に興味はない。むしろ重要なのは、味とコストパフォーマンスの比率である。蠍座はグラスの中身に重点を置き、ひたすらそれに専念する。蠍座は少人数のワイン愛好者達と誰にも邪魔をされずにワインを楽しむのが好きなのである。しかし、挑まれれば、小さなワインコンペティションで勝ったり、豊かな知識をひけらかすことへの欲は無限大である。
    お勧めのワイン
    カベルネ・ソーヴィニヨン
    シラー
    ワインとの類似点
    ...秘密主義
    ...タフで遅咲き
    ...世話が焼ける
    有名な天秤座
    クロード・モネ
    ジョディフォスター
    ラリー・フリント
    セオドア・ルーズベルト

     

    メール購読ニュースを解除するにはips@pieroth.jp にメールでお知らせ下さい。