バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト

ロートシルト家のフランスでのワイン造りの伝統は1868年、ジェームズ・トゥ・ロートシルトがシャトー・ラフィットを購入したことから始まりました。

1世紀以上続く一族の歴史は、ワイン界に深くつながっています。ジェームズのひ孫にあたるバロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト1973年に、シャトー・クラークを含むメドックのリストラックとムーリ・クリュ・ブルジョワを購入以来、ワイン造りの事業を拡大しました。

フランス国内シャトーの他、アルゼンチンの「フレシャス・デ・ロス・アンデス」、ニュージーランドの「リマペレ」も有し、ロートシルトとして世界規模の展開を誇っています。

このセクションには商品が登録されていません