アメリカ合衆国

エイト・イヤーズ・イン・ザ・デザート (2018)

仕様

生産国: アメリカ

地域: カリフォルニア

スタイル: 赤

葡萄品種: シラー, グルナッシュ, プティ・シラー, ジンファンデル

テイスト: 辛口

アルコール度数(%): 15.6

生産者: オリン・スウィフト・セラーズ

サーヴする温度(℃): 15-16

容量: 750ml

9263427
在庫あり
+
まとめ買いでさらにお得!:
数量 3+
価格 ¥8,900
(税込 ¥9,790)
 
¥10,680
(税込 ¥11,748)

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷

説明

”2018年のヴィンテージは、砂漠での8年間として知られている8年にわたる情熱による作品の3回目のリリースです。来たる年とその後のヴィンテージをうろついている間、ワインとラベルは進化し続けています。ワイン造りへの作業に従事する事により、ワインはより良くなります。ラベルは限定版に含まれるオリジナルの8から生まれ、新ヴィンテージ毎に順番にリリースされるという点で、もう少し事前に決定されるべき性質を持っています。全ヴィンテージのラベルを知っている人もいれば、ラベル#1だけを知っている人もいます。次作のラベルを好む人もいれば、嫌いな人もいます。しかしあえて言うならばすべてのラベルはよく似ています。ワインと同じように、ラベルはプロジェクトの精神を補完するものであり、関係者全員の継続的な努力の例です。2つの前ヴィンテージと同様に、ブレンドはジンファンデル、プティ・シラー、シラーのお気に入りのロットで構成されています。全てのワインをダブルブラインドでテイスティングし、10か月以上かけて、次の収穫が始まる直前に最終ブレンドをゆっくりと始めます。 2018年ヴィンテージを非常に誇りに思っており、今後何年も楽しんでいただけることを願っています。” デイヴ

 

テイスティングノート 赤アメシスト色の縁を持つ背景が見えない程濃い色のワイン。熟したラズベリーとブラックベリー、濃いプラムのジャム、黒胡椒とクローブのほのかな香りが立ち上る。ブルーベリーと甘いブラックチェリーがいっぱい詰まった風味はほのかなタイム、セイボリー、タラゴンの含みが伴う。熟したタンニンやほのかな灰とブラックティーの含みを持つ長い余韻の後味がワインを締めくくる。

 

畑 / 醸造方法

2018年カリフォルニア(赤ワイン)
ジンファンデルを使用するには、ゴルディロックスの原理を使用する必要があります。早い収穫は緑臭いワインとなり、遅すぎるとスタック発酵のリスクとなり、ちょうどよい時期を選ばなけれならない。。。どう思われるだろうか。ジンファンデルは、同じ糖度の他の葡萄品種に比べて酸度が高い傾向がある為、通常よりも成熟させる必要がある。その結果、アルコール度数が15%未満になる事はめったにない。モンテ・ロッソ、ビスマーク、コルテ、フレイ・ランチなどの銘醸葡萄畑の葡萄から造られたワインは砂漠での8年間の精神を表現している。
 
熟成 フランス産とアメリカ産オーク樽、37%新樽で8ヶ月間熟成を行っている。

画像・動画