商品フィルタ 商品フィルタ

シャナン・ワイン・カンパニー

哲学
私達のミッションはサンタ・バーバラ・カウンティでとれるピノ・ノワールとシャルドネの伝統的なワインを造ることである。バランス、繊細さ、余韻の長さ、複雑性を追求する。果実味のバランス、高アルコール度の生み出す複雑性。全てのワインは単一畑から厳選された葡萄を使用し、精選された畑の自然の力に焦点を当てている。低収量ではあるが、栽培技術の改良と優しいワイン造りを通じて、食事と合い若い時にも美味しいと同時に熟成する価値のあるワイン造りを目指している。私達の哲学として、近年のカルトスタイルカリフォルニアのワインの特徴とされる膨大なアルコールレベルや自然な酸味が欠如したワインは一切造らない。サンタ・バーバラ・カウンティの中でもサンタ・マリア・ヴァレーから取れる葡萄を厳選している。サンタ・マリア・ヴァレーは涼しい海風が吹き、多様な海岸土壌に恵まれ、葡萄の成長期間が長いというエキサイティングで独特な環境がブルゴーニュ品種の栽培を可能にしている。ワインは手作業で造られ機械などの人工的介入を最小限に留めており、科学的なワイン造りではなく自然なワイン造りを行っている。
糖分、酸、人工的なタンニンもしくは酵素は一切添加していない。土壌から瓶詰めまで全工程において自然にこだわっている。

ギャヴィン・シャナンの経歴
ギャヴィン・シャナンはロス・アンゼルスで生まれ育った。高校卒業後、サンタ・バーバラ・カウンティにあるオー・ボン・クリマとキューぺで収穫時のインターンとして働いた。 瞬く間に葡萄を育てることから出来上がったワインをテイストするまでのワイン造りの全てにのめり込んだ。ギャヴィンは現在著名なオー・ボン・クリマとキューぺの指導を受けながら現在サンタ・バーバラ・カウンティで6ヴィンテージを手がけている。指導陣オー・ボン・クリマとキューぺはジム・クレンデナン、ボブ・リンドクィスト、ジム・アデルマン、エンリケ・ロドリゲスから成る。2007年にギャヴィンは1年で3ヴィンテージを造った。南アフリカのハミルトン・ラッセル・ヴィニャードから始まり、次にニュージーランドのベル・ヒル・ヴィニャードカリック・ワイナリー、終盤はブルゴーニュとシャンパーニュ、そしてイタリアへ行き、2007年にカリフォルニア・ヴィンテージ2007を造るために戻り、シャナン・ワイン・カンパニーを創業した。

ラベルについて
2009年にギャヴィン・シャナンはUCLAを成績優秀者に贈られるファイ・ベータ・カッパを受賞して卒業。このUCLA時代、ギャヴィンはオー・ボン・クリマとキューぺで助手をしながらアートの分野においても賞を受けた。全てのワインのラベルはギャヴィンのアート作品の一部である。
「大学時代はワイン醸造学とアートを学び、両分野共にとても高い好奇心を持っている。ワインの方への興味が勝ったかもしれないが、ラベルには自分で描いた絵を使っている。ラベルの絵は風景をモチーフにした抽象画で油絵の具とアクリルで描いたものである。」

受賞歴・メディア掲載等
・FORBESが選ぶ30名の若き成功者達 30歳以下部門 全12カテゴリーのうちワイン&フードカテゴリーにギャヴィン・シャナンが選ばれる。
他カテゴリーではFacebookのザッカーバーグ氏、歌手のレディ・ガガもそれぞれの該当部門にて選出されている。
(ロイター通信 概要訳)
・ワイン&スピリッツ・マガジンが選ぶ「ワイン界において目が離せない30歳以下の30名」にギャヴィン・シャナンが選ばれる。
・デカンター・マガジン: 2008 ビエン・ナシド シャルドネ 5つ星中4つ星評価、ベスト・バイ
・ワイン&スピリッツ・マガジン: 2008 ビエン・ナシド シャルドネ95ポイント評価
・ワイン・アンスジースト 2011年10月号にて高ポイント獲得
2008 ビエン・ナシード シャルドネ 90ポイント
2008 ビエン・ナシード ピノ・ノワール 90ポイント

・米国のフード&ドリンク専門ウェブサイト「The Daily Meal」の全米ベストワイナリー101ランキングで第19位を獲得