現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

ピーロート・ブルー

340年のファミリーヒストリー

ピーロート家は、その公認のルーツをハインリッヒ・ピーロートに遡り、彼は1675年にストロンベルク村で投票をしたと記録に残っています。1704年に、ハインリッヒ・ヤコブ・ピーロート-は、シェーンブルクで葡萄栽培者として記され、1731年には、それ以来ピーロートスタンハウスとなった敷地をブルク・ライエンに獲得したのです。1905年、フェルディナンド・ピーロートは、彼のビジネスの主要な源が、ワイン生産になったことを発表しました。
1926年に、フィリップ・フェルディナンド・ピーロートは、ワインを業界にバルクで販売すること(その頃は慣習的に行われていました。)を止めたのです。それにかわり、初めて“エステイトボトル”のワインを生産し、そのワインをデュイスブルクの顧客へ販売しました。1928年には、その他農業関係のビジネスを打ち切りました。
1930年、彼のピーロートロゴが創作されました。1953年、若い世代のエルマ&クノ・ピーロートは、ポテンシャルを持つ新規の御客様に“ピーロート・ホーム・ワイン・テイスティング”を提供し始めました。その頃、このテイスティング方式は、保守的なワイン業界において“消費者革命”だったのです。初めて、御客様に、御自宅で、まず試飲をし、御好みのワインを選択して頂くことを可能にしました。ワインを選ぶ為に、わざわざ遠くの様々なワイナリーに出かけ、よく知らないワインを買うということがなくなったわけです。既に1959年には、会社はその国境を越え、徐々に主なヨーロッパ諸国へ支社を設立していきました。1969年、最初の海外支社が日本に設立され、1975年、ピーロート社300周年記念の際、愛するナーエワインを、他のより知られたライン&モーゼルワインと区別するために、現在では有名になった“ピーロート・ブルー・ボトル”を創作しました。

1976

ピーロート家から古くから伝わる伝統的なグラスが発見されました。何十年も前ナーエ地域で作られていたグラスは緑色や青緑色でした。これはかつてグラス作りのために地中に埋められたミネラルに因るものです。ピーロート家はこの考えを回帰させ、ロイヤルブルーのワインボトルを作り始め、世界中にピーロート・ブルー旋風を起こしました。

1994

国際的に認知されているピーロート家のトレードマーク「ピーロート・イーグル」がワインボトルにレリーフとして刻印され始めました。

2001

ピーロート・ブルー誕生25周年。1976年に発売されて以来約2,500万本を売り上げました。その数のワインボトルを横に並べていくと、その距離は1,875キロメートル(1,170マイル)にもおよび、これはリスボンからモスクワまでの距離に相当します。

今日では、ピーロート家はドイツのみならずヨーロッパそして世界中の最高品質のワインのエキスパートとして認知されています。世界中の3,500万人もの方々がピーロートの提供する高品質のワイン、ゼクト、スピリッツ、ジュースに魅了され、何年にも渡り贔屓頂いてます。