現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

CVER

ロートシルト家のフランスでのワイン造りの伝統は1868年に、ジェームズ・ドゥ・ロートシルトがシャトー・ラフィットを購入したことから始まった。 1世紀以上続く一族の歴史は、ワイン界に深くつながっており、ジェームズのひ孫にあたるバロン・エドモン・ドゥ・ロートシルトが、1973年に シャトー・クラークを含むメドックのリストラックとムーリ・クリュ・ブルジョワの購入し、このワイン造りの事業を拡大した。そして、カンパニー・ ヴィニコル・バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルトを設立した。

入念に、エステートは修復され、樹は植えなおされ、会社は近代化され、家族事業の根本は変えることなく拡大をした。時を経て、カンパニー・ヴィニコル・ バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルトは、1999年にアンデスの麓において、250ヘクタールの土地で、ローラン・ダッソーとのパートナーシップを組み 「フレシャス・デ・ロス・アンデス」のワインを造るべく、世界規模の展開を始めた。

ボルドーにおいては、2003年バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトが、二つのエー・オー・シーにまたがる (ピュイスガン・サンテミリオンと モンターニュ・サンテミリオン)のポテンシャルを引き出すべくシャトー・デ・ローレの素晴らしい物件を購入した。大がかりな改修後、エステートは 現在近代的で高性能の施設を誇っている。

最近では、ニュージーランドにおいて、マルボロの中心地にある26ヘクタールの葡萄畑を購入し、魅力的なソーヴィニヨン・ブラン「リマペレ」を造っている。

バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトと彼の妻アリアーヌは、新たなテロワールの探求と醸造の全ての工程において、基準を明確にし、 高品質のワインを造り続けている。

CVERは世界中に展開しております。各々の情報・商品の詳細は下記をクリックして下さい。