商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー・フェラン・セギュール

歴史

若いアイルランドのワイン商人だったベルナール・フェランは、18世紀末に祖国を発ち、ボルドーに移住しましたが、これは単に偶然だったからだけではありませんでした。当時、ボルドーは英国諸島と共に、主要な貿易の中心地でした。

事業を行い、親密なネットワークが形成されていた、その地域で生産されたワインを売買していました。この人のつながりは、時には結婚にまで発展し、有名なのは、ベルナールがその業界で有名な商人だったダニエル・ガスティエの娘と結婚したことです。義理の父の経験を活かし、ベルナールはワイン醸造を考え始めました。

1805年、サンテステフに位置するル・クロ・ドゥ・ジェルマンを購入しました。続いて1810年には、セギュール・ドゥ・カバナックのエステートを購入し、最初の買収を完了しました。秀逸なワインエステートを作り上げ、現在も変わらず残っています。

1841年に他界し、ベルナールが創り上げたエステートは、シャトー・フェラン・セギュール・ドゥ・ジェルマンという二つを組み合わせた名で、息子のフランクへと引き継がれました。

テロワール

フェラン・セギュールのテロワールはエステートを隔てるサンテステフ東部に位置し、砂利の堆積物からなります。65万年前にガロンヌ川が急流だった時に出来たものです。

堆積物は大きな石や、メインで砂利、砂利質粘土から形成されています。堆積物は用意に確認することが出来、サンテステフのほとんどの地区の周辺は起伏の激しい土地が形成されています。

堆積物のレイヤーは、白亜質の海で形成される層に支えられており、これは海の近くにあるポワント・デュ・メドックが海の下にあった時に形成されました。

これらの珍しい堆積物は「サンテステフ」の白亜と呼ばれ、その土地の特別な特徴を際立たせています。各土地の特徴は農業と葡萄栽培の管理の中心であり、特徴を最大にまで引き出しています。砂利質の土地で、特に高地ではなだからな傾斜に対応しており、砂利の組成を保ち、表面の浸透性を高めます。

白亜質の土壌で、特に浸食された地域においては、有機物を加えて土壌の組成を安定させ、軽く堀りお越し、畝の間に草を生やします。

醸造

除梗した葡萄を優しく破砕します。収穫ごとの葡萄でステンレス・スティールタンクに運ばれます。大桶は自動温度コントロールシステムを連動しており、発酵プロセスを管理します。

固形物により形成された、マールが大桶の上三分の1を覆います。アルコール発酵中に二つの層を触れ合わせるが重要ですが、これは澱の中のある成分が美しい赤い色作り出すからです。

パンプオーバーし、毎日頻繁に決められた長さで行います。果汁はタンクから、マールの上にかけます。こうすることで、可能な限り色づけるだけでなく、上質なタンニンが葡萄の果皮から抽出されます。

ワイン醸造のプロセスは、8-10日続く収穫後、直ぐに行われます。このときに糖は酵母の働きで自然にアルコールへと変化します。発酵で生じる熱やアルコール濃度の効果により、固体物の細胞が壊れ、多孔になり、成分が出て行きます。マセラシオンを行う間、浸透によって抽出する条件が整います。ヴィンテージやワインのタイプにより、マセラシオンは10-20日間行われます。

熟成期間は毎日のテイスティングで、全ての物資が調和を見せるときを見計らいます。各大桶で定期的にワインの各グループのヒストリーを技術の面からチェックするために、記録がとられます。客観的データを使い、セラーマスターはいつマールとワインを分けるのが良いのかを決定します。