現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

シャトー・ギロー

“ベールの高貴なハウス”がエステートのかつての名前であり、Mons Saint-Poly家が所有していました。1766年2月22日の日付の公正証書は、プロテスタントのボルドー商人であったPierre Guiraud氏が53,000リーブルで購入しました。

他界したPierre氏の後を、息子のLouis氏が受け継ぎました。Louis Guiraud氏の下で、1793年に始まったエステートをひどい状態から救い、ワインでよく知られる有名なシャトーへと変身しました。

1837年にLouis氏が他界し、その息子のPierre-Aman氏が、おおよそ250,000リーブルの価値を持つ、揺ぎない名声を得たエステートを受け継つぎます。80年間で3世代にわたり、エステートのオーナーとして様々な家が後継しました。そして1855年、ソーテルヌのプルミエ・グラン・クリュとなり、シャトー・ギローの伝説が誕生しました。

2006年初期のディナー中に、実業家のRobert Peugeot氏と3人のワインメーカー、ドメーヌ・ドゥ・シュヴァリエのOlivier Bernard氏、シャトー・カノン・ラ・ガフリエールのStephan Von Neipperg氏、エステートのディレクターのXavier Planty氏がギローを購入することを決意。2016年7月20日、契約に署名し、ここにワイン、美食、自然、ハンティングへの共通した情熱が合わさりました。


このセクションには商品が登録されていません