現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

スペイン

近年なされた新しいワイン製造技術が導入においては、より消費者主導型のワイン造りへの歩みよりもありました。その結果、より強烈な、果実味志向のワインが生み出されました。ブドウ品種のティピシティがより強調されるようになり、“過剰なオーク香”ワインへの偏向は薄れ、替わって、昨今ますます人気が高まってきているスペイン原産のブドウ品種から造られる世界に名のとおったバラエタル・ワインが種類豊富に造られるようになりました。
これらスペイン原産の品種の中で最も注目に値するものは、かの有名なテンプラニーリョ種とガルナッチャ種であり、多くのこの国きっての有名ブランドの主力品種となっています。白ワイン用のアルバリーニョ種とヴァルデホ種もまた評論家と消費者双方からの支持を得ており、一方、徐々に人気を集めつつあるロサード(ロゼ)マーケットにおいては、ガルナッチャワインのすがすがしい果実味志向のさわやかさも、一部のより甘味の強いバルブガムロゼに替わり得るものとして喜んで受け入れられており、近年においては広く世間に知られるようになりました。
現在62以上のデノミナシオン・デ・オリヘン(統制されたワイン生産地域)が海と国境に囲まれたこの国中に散在しており、ワイン業界が必死になって求める新しい“トリンケット”のはなやかなパレードの行進を提供するという点において、同じくらい高い評価を得ている国はほとんど見当たりません。大勢の記者がスペインを、この先数十年にわたって世界のワイン業界に最も衝撃を与えるであろう国として選び出していますが、その牽引力となったのは、ブドウ栽培とブドウ酒用ブドウ栽培技術の改良への全面的な傾倒でした。多くの評者曰く、この国の長く輝かしいワイン生産の伝統を鑑みれば、最高のものが出てくるのはまだまだこれからだということです。
カンポ・デ・ボルハのラ・デノミナシオン・デ・オリヘンに最終的にD.O.のステータスが与えられたのは1980年で、その後すぐにその高品質なワインに対する全国的、国際的な高い評判を獲得しました。16の村の小さな寄り集まりから成るラ・デノミナシオン・デ・オリヘン・カンポ・デ・ボルハはサラゴサ州の北東部に位置し、イベリア山系の山脈がエブロ谷に移り変わる間の地域にあります。このエブロ谷と同名のエブロ河は、世界に名高いリオハを貫いて流れています。
他のアラゴン地方のワイン生産地と同様にカンポ・デ・ボルハの気候も、長く暑い夏と寒い冬を伴う極端に厳しい大陸気候です。晩春には雹と霰が降ることも珍しくなく、冷たく乾燥した風と乏しい降水量もまたこの地方の特徴です。Massif Mongayo山脈によって形成される微気候も、この地域のワインの性質に特筆すべき影響を与えています。 非常に素晴らしい通気性と排水性をもたらす、もろくて岩だらけの土壌は、石灰岩を多く含み、その有機物質の含有レベルは極めて低くなっています。しかしながら、このような厳しい環境のなか、とりわけひとつのブドウ品種が良く育つことがわかりました。それは黒ブドウのガルナッチャです。ガルナッチャはこの地域においてまさに最高の状態に育成します。カンポ・デ・ボルハのガルナッチャは並外れたワイン醸造学上の品質を示し、注目の的となる赤ワインやロゼワインの生産を可能にしました。統制された6,270ヘクタールのブドウ畑に植えられた、その他の認可を受けた品種としては、黒ブドウ品種のテンプラニーリョ、マスエロ、カベルネ・ソーヴィニョン、白ブドウ品種のマカベオ、モスカテル等があります。白ブドウ品種として認可されているのは、このマカベオとモスカテルのみです。

バナーをクリックいただくと、ブランドごとのワインリストをご覧いただけます。