商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ベイシュヴェル

歴史
名高いクリュ・クラッセのシャトー・ベイシュヴェルは、3世紀の歴史を経てその個性が形成された。ベイシュヴェルほどにシャトーの高貴さを示す場所は他にはない。
伝統的な建築が、メドックの輝かしい功績を示す宝石となっている。ボルドーの経済、政治、文化において、権力のある一族が、設立して以来、人々の羨望の的となっている。
アンリ3世の下、ベイシュヴェルは、エペルノン公爵初代のジャン・ルイ・ヴァレットの封建領土であった。ギュイエンヌの将官・知事は、全権力を握っており、伝説によると、シャトーの前を通過する船は、忠誠心を示す意味で帆を低く掲げなくてはならなかったという。このことから、べセ・ヴォア(帆を下げよの意味)が後にベイシュヴェルとなる当初の名前であり。シャトーの紋章は、船と船首がディオニュソスのセラーを守るように象られている。
17世紀に建設され、1757年にマルキ・ドゥ・ブラッシエールが再建し、19世紀末にはハイネ家が拡大し、シャトー・ベイシュヴェルは、最近本来の荘厳さを取り戻した。クラシカルな線、威厳のある正面、壮大な三角形のぺディメントは両側に羽が付いており、らせん状の装飾と壷で飾られており、バロック式建築を豪華にしている。現在のオーナーは、グラン・ミレジム・ドゥ・フランス(カステル&サントリーグループ)が所有しており、シャトー・ベイシュヴェルは、ハイレベルなイベントの会場となっている。
ワイン
中世以来、シャトー・ベイシュヴェルの傑出したオーナー達は、徐々に土地の最上の区画を提供し、伝統を継続し、グラン・クリュ・クラッセの主要の地位を守ってきた。