シャトー ラ モンドット

ラ・モンドットは、サンテミリオンの丘陵の東、トロロン・モンドの隣に位置する。この面積4.5ヘクタールの畑は、宝石である。素晴らしいテロワール(粘土・石灰質に泥粘土と石ころの多いサブソイルが含まれる。)は、素晴らしいワインを産む自然の成分を含んでいる。

水はけが良いので、土壌の深くまで根を張る。日照も素晴らしく、急傾斜によtって自然の灌漑が可能になるため、早めに熟度に達するテロワールとなっている。

葡萄の樹の平均樹齢は50年であり、畑には上質の葡萄品種のみが栽培されている。(75% メルロー、25% カベルネ・フラン) 熟度に達するのが(特にメルロー)常に早めである。

テロワール、樹齢をはじめ、栽培と醸造がくまなく行なわれ、この二つの過程が合わさって、ラ・モンドットの素晴らしいワインが産まれる。 

ラ・モンドットは、深みのある色をし、きれいな組成を持ち、素晴らしい豊かさを備える。テロワールは、他とは一線を画するフィネスを持つ。この希少なワイン(年間生産量は11,000本のみ)は、常に高い需要がある。

ラ・モンドットは、力強く、素晴らしい熟成ポテンシャルを持つ。極めて濃縮され、組成のきれいなワインは、余韻の長い後味を持ち、極めて深みのある色をし、優れたバランスを持つ。ワインの質は、確実に土壌が決定づけている。

 

このセクションには商品が登録されていません