商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ブレーヌ カントナック

シャトーの歴史

19世紀初頭、ジョン=ルイス・ブラウンは同ドメーヌの所有権を取得し、自らの故郷スコットランドを彷彿とさせるチューダー様式の城館を建設します。
メドックにおいてとりわけ異彩を放つこの建造物は、広大なイギリス式庭園内にたたずみます。

著名な動物画家でありグラン・ヴァン愛好家でもあったジョン=ルイス・ブラウンは、数々の華やかなパーティーをこの城館にて催しましたが、1843年には銀行家グロマール氏に所有権が譲渡されています。

1855年の格付では、同シャトーのワインの品質の高さが評価され、第3級格付グラン・クリュに定められています。

それから150年後、サイモン・ハラビ家がイギリス文化の雰囲気に包まれた同ドメーヌの所有権を取得し、

一層の品質向上を目指したワイン造りを推し進めています。

シャトー・カントナック・ブラウンの運営指揮は、ジョゼ・サンファンに委ねられ、土壌およびブドウ樹、ならびにシャトーを取り巻く自然環境を重んじる基本理念のもと、秀逸テロワールの魅力を最大限に引き出す努力が重ねられています。卓越した品質のワイン造りを目指し、蔵内では緻密な育成作業が行なわれ、そこでも前述の理念が活かされています。

ブドウ畑について

ジョゼ・サンファンの運営指揮のもと、方針に変化が起きています。

畑ではより一層環境を尊重した作業が取られるようになりました。「リュット・レゾネ(認証済)」に理由付けは必要ありません。

四季を通じてブドウ樹にはケアが施され、収量に関しても厳選管理が行われています。

施肥はバランス良く適度に、ブドウ樹が必要としている分量を見定め、植物性肥料のみを使用します。

シャトー・カントナック・ブラウンでは、自然環境の尊重を念頭に、土地が有している物理・化学・生物学上の効能の活性化を目指し、土壌管理には伝統法を採用しています。

「人類と自然の調和を目指す…」

40万本強のブドウ樹は定期的に管理されています。つまり、剪定、芽かき、除葉、間引き、夏季摘房、手摘み収穫…、スタッフ全員でブドウ樹一本ずつ、ブドウの房ごと、年のうちに幾度も丁寧に管理作業を施していきます。

これほど緻密な作業を行なったとしても、環境は変わらずそのまま在り続けます。あくまでも、秀逸グラン・ヴァンは自然からの授かり物です。

醸造について

9月−10月:収穫は1年の作業の締めくくり。過密かつ和気藹々とした空気が流れます。

数週間にわたって、100名強の収穫スタッフの手をかりて作業を行います。
チームワークが大切です。
熟度が最適に達した品種ごとに、栽培区画別に収穫します。
手作業で収穫されたブドウを、醸造蔵内の温度調整装置付きステンレスタンクへと運び入れます。

手作業で選られたブドウ

収穫スタッフはまず、房単位で手作業による第一次選果を行います。その後、粒単位で第二次選果に入ります。振動式選果台あるいは光センサー式選果機を使用します。それから醸造のスタートです。
アルコール醗酵は10日程度続きます。
マロラクティック醗酵は樽およびタンク内で行います。
品種および樹齢によって区画に分けられ、区画ごとにブドウは醸造されます。こうすることで、シャトー・カントナック・ブラウンのブレンドに使用されるワインセレクションの精度が一層高まります。

ブレンド作業が完了すると、ワインはフランス産オーク材(中央フランス森林区で伐採されるオークの柾目板を使用)の樽内で、12〜15ヶ月間育成されます。

50%〜70%の樽は新樽、50%〜30%は一年使用樽です。

木の孔を通して空気とワインの接触が得られ、ワインは適度な酸化にさらされます。オーク樽の中に含まれるタンニンのフィネスはワインにとって有益で、同時に、樽の容量は少量なので、ワインの澱も数ヶ月ほどで底に沈澱します。
澱引き作業が行われるのは、まさにこの樽内育成期間中です。

ワインを透明な部分と濁りに分けます。澱引き作業は樽から樽へワインを移し替える方法で進められ、最後は濁った部分を注いでしまわないよう、ガラスのグラスと蝋燭を使って明澄を確認します。この作業は通年スタッフ2名で行ないます。作業が一周したところで、次回の澱引き開始となります。

育成終盤には、ワインはタンクに集められ、瓶詰め準備に入ります。新樽内で育成されたワインと一年使用樽で育成されたものでは異なる育成状態に仕上がりますので、この段階で、すべての生産ボトル内の成分が完全に一致したものになるように、最終ブレンドを行います。

その後、卵白を使用したコラージュです。コラージュとは、瓶詰め後にボトルの底に沈澱する可能性のある浮遊粒子の沈澱を促す、清澄・安定化工程のことをさします。