現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

シャトー ボワ カントナック


シャトー・ボワ・カントナックの起源は18世紀の中頃で、名前はアイルランド人のジェイムズ・ボイド氏からきており、彼は1754年8月11日にこのシャトーを購入している。1855年の格付けで3級に等級づけられたが、1820年代の非公式な格付けでは4級であった。1860年にカントナック・ブラウンに大部分の畑を譲った。今日、カントナックとしてより寧ろマルゴーとして格付けされているボワ・カントナックは、自分の名前と同じ名を持つシャトーのオーナーでもあるアベル・ローランによって、買収された。彼は彼のシャトー名のもとにボワ・カントナックのワインを売り始め、良い評判がたった。
しかし1920年、所有者のマルセル・ローラン氏の要求が通り、45年ぶりにボワ・カントナックを再び別に、3級として売る権利を獲得した。それからジネスレット氏によって獲得され、彼は建物の部分をシャトー・マルゴーに売り、ボワ・カントナックはラコンブで造られた。
1932年、ボワ・カントナックはピエール・ギユメによって購入され、ワインは現在シャトー・プジェで造られており、ここもまたギユメ家の所有である。ワインは世界的に有名な醸造学者であるエミール・ペイノー教授の監督のもとに造られている。
セカンドラベル:なし
畑の面積:18ha
平均収穫量:8,000ケース
畑の分布:8ha, 4ha,6ha の3区画
土壌:砂質の砂利、下層土は
砂利の割合が高い。
品種:67% カベルネ・ソーヴィニヨン
20% メルロー
7% カベルネ・フラン
6% プティ・ヴェルド
剪定:グイヨーダブル
ルートストック:101.14
1haあたりの葡萄の作付け数:10,000 の部分と6,000 の部分がある。
平均樹齢:30年
1ヘクタールあたりの生産量:35hl
収穫:20% 手摘み 80% 機械
酵母の添加:なし
マセラシオンの期間:10〜20日
発酵の温度:28度
発酵のコントロール:タンクの外側に水を流す。
発酵槽のタイプ:セメント
ヴァン・ドゥ・プレス:ヴィンテージにより17%程加える。
樽の年令:新樽を25%使用
樽熟の長さ:18〜24ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:びん詰めの前に
シュールプラック
ボトルのタイプ:ボルドレーズ ルルド
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:8〜20年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ

このセクションには商品が登録されていません