現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

シャトー ラベゴルス ゼデ

マルゴーでは、ラベゴルスと言う名のヴァリエーションを持つ3つのクリュの系列がある。それらは、ドゥ・ラベゴルス、ラベ=ゴルス=ドゥ・ゴルス、そしてラベゴルス=ゼデで、このうちラベゴルス=ゼデがより良いとされている。ある時期、これらが単一敷地を形づくっていたことは間違いなく、その起源は14世紀だと明らかにされている。証書によれば、1332年に貴族ラベゴルス家に属した。革命前は多くの貴族の手に渡り、1728年にラベゴルス領主のタイトルを得たドゥ・モン家を含む。19世紀の中頃までにはラベゴルスはピエール・ゼデに属していた。

 
ピエール・ゼデは3人の息子を持ち、長男のエミール・ヒポリットは、大将、レジョン・ドヌールのグランオフィサーとなった。シャルル・ジュールは陸軍に入り将軍のランクまで昇進した。彼は、レジョン・ドヌールの司令官であった。グスタヴ・アレクアンドルは聰明なエンジニアで魚雷潜水艦の発明者であった。悲しいことに、1891年実験室で実験が悲惨に失敗した時、自身の魚雷リサーチの犠牲者となり、亡くなった。グスタヴの死後エミール大将はラベゴルスにおけるファミリーの持株の残りを買い、苗字を加え、このようにしてラベゴルス・ゼデに生を与えた。彼の子供達は1931年まで敷地のオーナーとして留まっていた。今日、ここはベルギーのティアンポン家によって所有され、管理されており、ティアンポン家はまたヴィユー・シャトー・セルタンとル・パンを所有している。醸造における改良は、例えば、集められた葡萄はフーロワール・エグラッポワール(除梗する装置)に移動する時に、セラーで働く人達のチームによって選り抜かれる。言及する価値のある他の要因は、ワインはフィルターをかけられないということである。また収穫高は隣人に比べてずっと低い。
 
1984年以来シャトーはセカンドワインを生産している。最初、シャトー・ドゥ・ラルミラルと呼ばれたが、ベイシャヴェルのセカンドワインと問題が出てきたので、現在はドメーヌ・ゼデと変更されている。
 
セカンドラベル: ドメーヌ・ゼデ
畑の面積: 27ha
従業員数: 7人
1haあたりの葡萄の木の本数: 6,600~10,000
平均樹齢: 30~80年(3分の1)
平均25年(3分の1)
平均10年(3分の1)
品種: 50%カベルネ・ソーヴィニョン
35%メルロー
10%.カベルネ・フラン
5%プティ・ヴェルド
1ヘクタールあたりの生産量: 45hl
収穫: 手摘み
平均生産量: 10,500ケース
畑の分布: 数区画
土壌: 深くきめの粗い砂利
酵母の添加: 野性酵母
マセラシオンの期間: 15日
発酵の温度: 30度
発酵のコントロール: コイル
発酵槽のタイプ: ステンレススティールとセメント
樽の年令: 新樽を35%~40%使用
樽熟の長さ: 12~18ケ月
清澄: 卵白
フィルターの使用: なし
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
貯蔵: 6~12年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。

このセクションには商品が登録されていません