商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー プジョー


プジョーという地区は、ムーリの砂利の多いサブエリアで、通常最高とみなされている。シャトー・プジョーは最も古い敷地の一つで、元来グラン・ブルジョワ・エクセプショネルとして格付けされており、プジョー・テイユとして知られていたこともある。
14世紀の中頃、その頃はサル・ドゥ・プジョーとして知られていたが、シャトー・プジョーはガストンダイルに所属していた。1544年1月18日付けの権利証書で、次のように解説されている。“サル・ドゥ・プジョーの地所の所有者である高貴でパワフルなガストン・ダイル殿、etc…”サル・ドゥ・プジョーはラ・トゥール・サン=ランベール(現在のシャトー・ラ・トゥール)の本館を離れた付属建築物であった。
18世紀にはマダム・ドゥ・モンモラン・サン=エラン(ベイシュヴェルのオーナーであるマルキ・ドゥ・ブラスィエールの姉妹)に属しており、彼女は1806年7月18日にここをM・アンドレ・カステンに売却した。
シャトー・プジョーとして知られるようになり、1920年11月24日迄カステン家に属していたが、それ以後M・F・Theil(テイユ)の手中に渡った。彼の息子ジャン・テイユは1957年以来彼の名をラベル上のヴィンテージの後に書いた。1981年3月に死去し、二人の息子フィリップとフランソワがシャトーの運命を引き継いだ。現在のシャトーの畑は、プジョー地区の最高の砂利の頂上に、50haの一区画をカバーしている。高級葡萄品種が植えられ、究極のケアをもって醸造がなされる。
セカンドラベル: ラ・サル・ドウ・プジョー
品種: 40%カベルネ・ソーヴィニヨン
36%メルロー
12%カベルネ・フラン
12%プティ・ヴェルド
畑の面積: 50ha
平均生産量: 22,000ケース
畑の分布: 1区画
士壌: 鉱滓の下層土上に砂利を含む粘土
マセラシオンの期間: 4~6週間
発酵の温度: 15~30度
発酵のコントロール: オートマティック
発酵槽のタイプ: ステンレススティール
樽の年令: 新樽を50%使用
樽熟の長さ: 18ケ月
清澄: 卵白
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
lhaあたりの葡萄の木の数: 10,000
平均樹齢: 25~30年
1ヘクタールあたりの生産量: 45hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 6~20年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。