商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ラグランジュ

この地所の起源は古代に遡る。1287年、サン=ジュリアンのテンプル騎士団の荘園の一部であった。14世紀初めにテンプル騎士団の崩壊によって、シャトーはポイヤックとラグランジュの領主達の手に渡った。高貴なオーナーが続いたが、その一人はデュシャテル伯爵で、彼は今日残っている壮大な塔を築いた。

1983年にサントリーがシャトーを購入したが、これは日本の会社に買収された最初のボルドークリュとなった。サントリーがこのシャトーを良くし、今ではメドックで最も前途有望で、頭角をあらわしたシャトーの一つであることは広く知られている。
セカンドラベル:La Fiefs de Lagrange
ラ・フィエフ・ドゥ・ラグランジュ
畑の面積:56ha
平均収穫量:20,000ケース
畑の分布:大きな1区画
土壌:砂利
品種:66.5 % カベルネ・ソーヴィニヨン
26.5% メルロー
7% プティ・ヴェルド
1haあたりの葡萄の木の本数:8,500
平均樹齢:10〜12年
収穫:手摘み
マセラシオンの期間:15〜21日
発酵の温度:28度
発酵のコントロール:電気で調整するタンク
発酵槽のタイプ:ステンレススティール
ヴァン・ドゥ・プレス:ヴィンテージによりある程度
樽の年令:毎年新樽を60%使用
樽熟の長さ:18〜20ケ月
清澄:新鮮な卵白(1樽につき6個)
ボトルのタイプ:ドゥミ・ボトル・インペリアル
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:7〜20年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ