現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー・ラフィット・ロートシルト

このシャトーは、ポイヤックの最も良く高い土地を支配している。(故に名前の由来があり、ラ・フィットは“高さ”と言う意味である。)ポイヤックは、ラテン人の詩人であるオーゾンヌによって紀元前325年頃には既に言及されている地域である。ほとんどのメドックのように、敷地のことは1355年に言及されているが、ワイン自体が言及されているのは1641年である。ラフィットの評判は、18世紀にさかのぼり、ニコラ・アレクサンドル、つまりマルキ・ドゥ・サガが所有していた時である。この頃、彼はまたラトゥールとムートン・ロートシルトも所有していた。

ギネスブックによれば、一本のワインに支払われた最高額は105,000ポンドで、1787年のラフィットであった。ボトルにはアメリカの第3代大統領ジェファソンのイニシャルがサインされ、1985年12月5日にクリスティーズロンドンにてクリストファー・フォーブス(USA)に売却された。1986年11月、コルクが展示会場の照明のため乾ききって、ずり落ちたため、飲めないものとなってしまった。
より果実を熟させ、酸のレベルを低くするために、葡萄は遅めに摘まれる。ヴィンテージセレクションの過程は、過去に行われたものより、疑いなく厳しくなっている。70年代の中頃からワインの質を向上させようとする動きがあった。80年代に彼らは習慣的に収穫の50%を除去し、1990年にはそれが69%迄に達した。70年代の中頃から、ワインの質を良くしようとする動きがある。過去にワインは、最低32〜36ヵ月間樽熟成を経ていたが、現在では20ヵ月から最高34ヵ月までに減らすことによって、ワインの質が向上すると彼らは気がついた。ワインは今日では、ずっと短時間でびん詰めされる。
セカンドラベル:Moulin des Carruades ムーラン・デ・カリュアード
畑の面積:90ha
平均収穫量:26,000〜33,000ケース
畑の分布:5区画
土壌:砂利が深い。
品種:
70% カベルネ・ソーヴィニヨン、20% メルロー、5% カベルネ・フラン、5%プティ・ヴェルド

剪定:グイヨー ダブル
1haあたりの葡萄の作付け数:8,500
平均樹齢:40年
1ヘクタールあたりの生産量:35〜40hl
酵母の添加:なし(野生)
マセラシオンの期間:18~25日
発酵の温度:28度
発酵のコントロール:テュブラー・イクスチェインジ・アパラタス
発酵槽のタイプ:木製
ヴァン・ドゥ・プレス:加えられている
樽の年令:毎年新樽を100%使用
樽熟の長さ:18〜20ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め:100%
収穫:手摘み
貯蔵:10~35+年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ