シャトー ランシュ バージュ

16世紀からのある偉業に証明されているように、この良く知られた栽培者の起源は、遠い古代に遡る。1つの所有地としては16世紀から記録されている。名前の半分はシャトーのたつ台地から残りの半分は17世紀と18世紀に75年にわたってオーナーであったトーマス・リンチからきている。彼はアイルランドからの移民の子で、彼の家族がシャトーを経営していた。

このワインは“プアマンズ ラトゥール(またはムートン)”と言われることもある。非常に高く評価されているため、もし1855年の格付けがアップデイトされたら、このワインは2級に上がるべきだと信じている人達もいる。ワインの質を高めるために、費やした時間と労力を考えれば、このコメントは驚くべきものではない。彼らはセラーを拡大し、近代化した。新樽の割合も1982年の25%から、88年や89年の最近のヴィンテージでは、60%へと増えた。
セカンドラベル:Haut-Bages-Averous(オー・バージュ・アヴル)
畑の面積:85ha
平均収穫量:35,000ケース
畑の分布:5区画
土壌:チョークと重い粘土質の砂、小石の下層土の上に、ミディアムサイズの砂利、丸い小石がある。
品種:75% カベルネ・ソーヴィニヨン
15% メルロー
10% カベルネ・フラン
剪定:グイヨー ダブル
1haあたりの葡萄の木の本数:8,500本
平均樹齢:35年
1ヘクタールあたりの生産量:40hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし(野生)
マセラシオンの期間:12〜15日
発酵の温度:最高30度
発酵のコントロール:発酵槽の外側を流水で
発酵槽のタイプ:ステンレススティール
ヴァン・ドゥ・プレス:ヴィンテージにより0〜10%
樽の年令:新樽を50〜60%使用
樽熟の長さ:12〜15ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:ボルドレーズ ルルド
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:6〜25年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ

シャトー オー バージ アヴェル

シャトー・オーバージ・アヴルはシャトー・ランシュバージュのセカンドワインである。16世紀に始まるある権利証書によって証明されているように、この良く知られたクリュの起源は遠い昔に遡る。“ドメーヌ・ドゥ・バージュ”は、16世紀には既に単一の敷地として記録されていた。現在の名前の半分はシャトーが建っている台地から取り、残りは17~18世紀におけるトーマス・リンチによる75年間の所有からきている。彼はアイルランド人の移民の息子で、彼の家族が敷地を管理していた。

オーバージ・アヴルのための葡萄栽培とワイン造りのテクニックは、ランシュバージュと全く同様である。葡萄は手摘みされ、醸造はステンレススティールタンクでなされる。その後全てのワインは直接小さなフランス製オーク樽に入れられる。選択の際は、試飲が繰り返される。若い木からできたワインは、芳香が強く、タンニンは軽く、オーバージ・アヴルのワインに予定される。シャトー・ランシュバージュはオーバージ・アヴルの生産に毎年その生産量の20~30%を貢献している。
畑の面積: 85ha
平均生産量: 7,000ケース
畑の分布: 5区画
土壌: 白亜質及び重い粘土質の砂と小石の下層土の上にミディアムの砂利と丸石
酵母の添加: 野性酵母
マセラシオンの期間: 15日
発酵の温度: 30度
発酵のコントロール: コンピューター
発酵槽のタイプ: ステンレススティール
樽の年令: 新樽を50%使用
樽熟の長さ: 12~15ケ月
清澄: 新鮮な卵白
フィルターの使用: なし
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
品種: 75%カベルネ・ソーヴィニヨン
10%カベルネ・フラン
15%メルロー
剪定: グイヨーダブル
lhaあたりの葡萄の木の本数: 9,000
平均樹齢: 35年
1ヘクタールあたりの生産量: 40hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 5~12年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。

このセクションには商品が登録されていません