現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン

確かに古き良き時代の所有地の一つで、しっかりしたワインの質を有する歴史を持つ。ラ・ミッション・オー・ブリオンは、その名、起源、評判を“伝道者”と呼ばれた信心会に帰する。これは、宗教のコミュニィティーで、聖ヴィンセント・ドゥ・ポールによって17世紀に設立された。その頃これらのワインは教会の君子の食卓用になっていた。この頃、マルシャル・ドゥ・リシュリューは、“もし神が酒を飲むことを禁じたなら、このワインをこんなに美味しく造っただろうか?”と言っており、彼はワインを最も好んだ。革命の頃、僧達は土地を取り上げられ、土地は州によって1792年11月14日にマーシャル=ヴィクトール・ヴェラントに売却された。

畑はペサック&タランスの郊外にあり、パリーマドリッド間を走る鉄道が畑を横切っている。都会のような環境が畑の回りの温度を上げ、これが有利に働いているという声もある。都市に近いという位置が、早くに通知せずとも、収穫の時の人員を確保できるアクセスを与えている。アンリ・ウォルトナーは、最も良く知られているシャトーのオーナーの一人であり、1926年に、醸造過程においてガラスを裏うちしたタンクを使用したパイオニアである。これらの槽は今日でもなお使用されており、短くずんぐりした形のために、発酵中に葡萄の果皮と果汁の接触面積を増やす。このことが、ここのワインの特徴をだすのに貢献している。セカンドラベル:Le Chai-neuf ル・シェ=ヌフ

畑の面積:22ha
平均収穫量:8,000ケース
土壌:砂利(例外的に深い。)
品種:40% メルロー
10% カベルネ・フラン
50% カベルネ・ソーヴィニヨン
剪定:グイヨー シンプル
1haあたりの葡萄の作付け数:10,000本
平均樹齢:22年
1ヘクタールあたりの生産量:37hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし(野性酵母)
マセラシオンの期間:14〜15日
発酵の温度:28度
発酵のコントロール:必要に応じて冷却
発酵槽のタイプ:ガラスを裏うちしたスティールタンク
ヴァン・ドゥ・プレス:必要に応じて一番搾りを使用
樽の年令:新樽を100%使用
樽熟の長さ:24ケ月
清澄:卵白
フィルターの使用:びん詰めの時
ボトルのタイプ:ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:8〜30年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉料理と合う。リエーブル(野兎)・ア・ラ・ロワイヤルと理想的な組み合わせである。