現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー パヴィ

シャトー・パヴィはコート・プリミエール・グラン・クリュのなかで最も大きく、南向きの長くなだらかな斜面上にある。サンテミリオンの南東に位置し、この斜面は4世紀に葡萄の木が植えられた最初の土地の一つである。パヴィは、この地方で最も大きく、興味深い石灰岩のカーブの一つを持ち、丘の頂上に面したがけの露出面に掘られている。工業用採石場があったと思われており、パヴィという名は恐らくペイヴ(舗道)、ペイヴィングストーン(敷き石)、パヴィエール(採石場)等からきているのであろう。
ワインが、びん詰めの時まで貯蔵されているパヴィのシェは、11世紀のものだと言われている。最も深い所は畑の8m下にあり、葡萄の木の根が屋根を突き進んでいるのが見られる。カーブの温度は一年中12度に保たれている。葡萄の木の平均樹齢は45年だが、なかには1895年にさかのばれるものもあり、サンテミリオンでは最も古いものである。起源は古代にさかのぼるパヴィのワインだが、完全に認められだしたのは19世紀に入ってからである。1867年のパリの展覧会では金メダルを得、その時以来多くの賞を得ている。
セカンドラベル:なし
畑の面積:37ha
平均収穫量:15,000ケース
畑の分布:1区画
土壌:7ha 低い土地で、砂質の粘土
22ha 斜面、石灰岩のうえに軽い土壌
8ha 平地、重い粘土
品種:55% メルロー
25% カベルネ・フラン
20% カベルネ・ソーヴィニヨン
剪定:グイヨーシンプル
1haあたりの葡萄の木の本数:5,400
平均樹齢:45年
1ヘクタールあたりの生産量:32hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし
マセラシオンの期間:20〜30日
発酵の温度:25〜32度
発酵のコントロール:自動温度調節機能付きタンク
発酵槽のタイプ:セメント
ヴァン・ドゥ・プレス:最初のラッキング(澱引き)の後加える。
樽の年令:新樽を40%使用
樽熟の長さ:18ケ月
清澄:卵白
フィルターの使用:なしボトルのタイプ:トラディヴェール
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:7〜20年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:鹿のフィレミニヨン