現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー テルトル ロットブフ

このシャトーの名前は、この敷地の急な斜面を耕すために、かつて使用された雄牛からきている。働いている時に暑い太陽にさらされ、牛達が熱でローストされた、ゆえに“ローストビーフ”。

 
ワインはフランソワ・Mitjavileによって造られ、彼はポムロールのラ・フルール・ペトリュス、セルタン・ドゥ・メイ等のワインのエキスと濃縮度を持つ、素晴らしく位置した畑からワインを造ることを意図している。
 
そのようなゴールに達するために、彼は収穫を遅らせ、剪定同様クロップシニング(房の間引き)を通して、しばしば彼のより有名な隣人達の半分である生産量を獲得する。このような実践を通して、彼は濃縮されたワインを造ることに到達する。1985年以来最高100%の新樽を使用している。
 
彼の努力の結果として、ル・テルトル・ロットブフの微小畑は世界中の注意を引き、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセのステイタスに上げられるべきだと賛美する人もいる。
 
セカンドラベル: なし
品種: 80%メルロー
20%カベルネ・フラン
平均樹齢: 24年
畑の面積: 5ha
収穫: 手摘み
平均生産量: 2,000ケース
発酵槽のタイプ: オーク
樽の年令: 最高100%新樽を使用
樽熟の長さ: 18~22ケ月
ボトル.のタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
貯蔵: 3~15年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽類・デリケートな猟鳥獣の肉にパーフェクトである。