商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ラトゥール ア ポムロール

ポムロールという有名なコミューンにおいて、シャトー・ラトゥール・ア・ポムロールの二つの主な区画は、小さく美しい教会の横の、砂利が多く太陽におおわれる頂上に横たわっている。

 
ポイヤックの一級と同じ名前を持ち、自然と誤解を招きがちであるので、名前は常にポムロールのそれとハイフンで結んである。
 
第二次世界大戦中と大戦後、ペトリュスの評判を確立したマダム・ルーバに属していたが、1961年彼女の姪に残された。
 
オーナーはマダム・リリィ・ポール・ラコストで、彼女はまたペトリュスの共同経営者でもあり、敷地はジャン・ピエール・ムエックス(またペトリュスの共同経営者でもある。)と彼の率いるチームによって管理されている。彼は1962年よりこのシャトーを管理しており、エノロジストのジャン=クロード・ベルエと共に、ボルドーの最も偉大なワインと張り合うことのできるワインをここで生産することに成功している。
 
ピエール・ムエックスは、ペトリュスと同様のケアと注意をもってこのシャトーを管理し、出費も努力も惜しまない。最高のワインを生産するために彼らが到達する限度の例は、雨が降った1987年ヴィンテージの間、畑の上を舞い飛び葡萄の木の水分を吹き飛ばすことによって葡萄を乾かすために、ヘリコプターを使ったという事実によって例証されている。
 
葡萄の木は平均35年以上たっており、メルローが優勢で、少しの割合でカベルネ・フランがある。
 
セカンドラベル: なし
畑の面積: 7.9ha
平均生産量: 2,800ケース
畑の分布: 2区画
土壌: 砂利混じりのローム
酵母の添加: なし
マセラシオンの期間: 21~25日
発酵の温度: 28度
発酵のコントロール: 自動温度調節
発酵槽のタイプ: セメント
樽の年令: 新樽を25%使用(トロンセ)
樽熟の長さ: 24ケ月
清澄: 卵白
フィルターの使用: 壜詰め前の軽いフィルターがけ
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
品種: 90%メルロー
10%カベルネ・フラン
1haあたりの葡萄の木の本数: 5,500
平均樹齢: 35年
1ヘクタールあたりの生産量: 35~40hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 6~20年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。