商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー クリネ

シャトー・クリネはポムロールの教会の南西100m、この高級なアペラシオンの全ての有名なシャトーのちょうど真ん中に位置しており、このエリアで最も古い評判の一つを真に享受している。

前世紀、ポムロールの畑クリネとペトリュスは両方ともアルノー家によって所有されていた。クリネは、1886年にエドアール・フェレによって“シャトー”のタイトルを授けられた最初のものであった。アウディ家は、この既に良く知られていた敷地を今世紀初めに獲得した。
オーナーの娘と結婚したジャン=ミシェル・アルコートが、(1991年にフランスの保険会社に売却されるまで)1985年以来畑を管理していた、最近では有名なエノロジスト、ミシェル=ローランドの助けで質とステイタスを富ませながら、ワインのポテンシャルを発展させ、今日トップポムロールのなかに位する。
アルコートは、一度は高比率であったカベルネ・ソーヴィニヨンをちょうど15%以下に減らした。事実、90%近くメルローの年もある。高品質を達成するために、彼は遅摘みのポリシーを採用した。(1987年以来、クリネの畑はペトリュスの2週間後に収穫される。)またアルコートは葡萄摘み機械の使用を止め、パーフェクトな葡萄だけを醸造するために、細心の仕分けプログラムを導入した。更に醸造プログラムに関しては、例外的に長い最高6週間に及ぶマセラシオン期間を組み込み、フィルターがけと清澄を避けるために、樽における長い熟成期間が導入された。
セカンドラベル: フルール・ドゥ・クリネ
畑の面積: 9ha
平均生産量: 5,000ケース
畑の分布: 3区画
土壌: 粘土混じり砂利
クラス・ドゥ・フェールに富んだ下層土
酵母の添加: イースト.
マセラシオンの期間: 最高6週間まで
発酵の温度: 30度
発酵のコントロール: 温度調整機能付き(電気)
発酵槽のタイプ: ステンレススティール
樽の年令: 新樽を30%使用
樽熟の長さ: 25~28ケ月
清澄: 1987年より清澄はしていない。
フィル.ターの使用: なし
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
品種: 75%メルロー
15%カベルネ・ソーヴィニヨン
10%カベルネ・フラン
lhaあたりの葡萄の木の本数: 6,000
平均樹齢: 35年
1ヘクタールあたりの生産量: 45hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 7~18年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。