現在、ギフトシーズンにつき繁忙期のため通常よりも配送にお時間をいただく場合がございます。ご注文の際は、予めご了承いただけますようお願いいたします。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ディケム


シャトー・ディケムは1785年以来リュル=サリュース家の手中にある。シャトー自体の起源は12世とルネッサンスに遡る。1847年に伯爵がロシアに狩りに行き、予定より遅く戻ってきたが、皆は収穫を始めず彼を待っていた。結果として、収穫は普通の年よりずっと遅くなり、葡萄のなかには貴腐菌がついているものもあった。伯爵はこれらの葡萄からワインを造り、脇へおいておいた。1857年ロシア皇帝の弟コンスタンティンがシャトーを訪れ、偶然に1847年のヴィンテージを試飲され、非常にお気に召されたため、1樽2万フランでお買い上げになった。これはこの当時のイケムの価格の4倍に相当するものであった。1859年よりシャトーはこのスタイルのワインを造ることに専念した。

このワインが非常に高価な理由は、生産量が非常に低く、平均して1本の葡萄の木からグラス1杯しかとれないからである。ボルドーでは平均して1本の木から約ボトル1本のワインができる。葡萄は熟し具合により1粒づつ摘まれ、結果として葡萄を摘む人は畑を4〜11回見て回らなければならない。ハイスタンダードを保つために必要とされる質に達しなければ、1964年、72年、74年のように一般的なソーテルヌに格下げされる。ファイナルブレンドに入れられるかどうか決めるまで、収穫したものは日毎に別々に分けて保管される。葡萄と接触するのは木で、プレスされた果汁は100%新樽で発酵される。3年半の熟成期間中に蒸発して、20%のロスがでる。これらは費用とワインになされるケアを示すほんの少々の要因である。


セカンドラベル:Y d'Yquem (イグレック・ディケム)
畑の面積:173haのうち120haに葡萄の木が植えられている。
平均収穫量:23,500ケース
畑の分布:1区画
土壌:不浸透性の粘土の下層土上に基本的な粘土/石灰岩に砂利が混じる土壌がある。
品種:80% ソーヴィニヨン 20% セミヨン
剪定:セミヨン:ケイン
プルーニング:枝は3本、芽は2つ
ソーヴィニヨン:グイヨー:枝1本に芽が6つ
1haあたりの葡萄の木の本数:7,000
平均樹齢:35年
1ヘクタールあたりの生産量:9〜11hl
収穫:手摘み 130〜145人で平均45日かける。
酵母の添加:なし
樽の年令:新樽を100%使用
樽熟の長さ:48\カ月。3ヵ月毎にトッピングとオリ引き。
清澄:雄牛の血
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:フロンティニャン
シャトーにおける壜詰め:1922年より100%
酵母の添加:なし
樽の年令:新樽を100%使用
樽熟の長さ:48\カ月。3ヵ月毎にトッピングとオリ引き。
清澄:雄牛の血
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:フロンティニャン
シャトーにおける壜詰め:1922年より100%
貯蔵:10〜70年 シャトー・ディケムのセラーマスタは10年たったものを好む。
サーブする時の温度:12〜14度
食べものとの組み合わせ:デザートワインとしても良い。家禽類の肉からブルーチーズ、フォアグラまで、色々な料理に合う。