現在、ギフトシーズンにつき繁忙期のため通常よりも配送にお時間をいただく場合がございます。ご注文の際は、予めご了承いただけますようお願いいたします。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー デュクリュ ボカイユ

デュクリュ・ボカイユの偉大なサンジュリアンの敷地は、毎年質においてレオヴィル・ラスカーズとメドックの第一級に通常挑むものだと言われている。

セラーマスターによれば、彼らのワインの驚くべき安定性の秘密は、厳しい選択と保守的な葡萄栽培の実行にある。彼らは1953年以来有名なフランスの醸造学者、エミール・ペイノーをコンサルタントとして雇っていた。
ジロンドの岸上の特権的畑の位置は、強調されるべきである。これは気候的特権で、メドックの中心にあり、それによると、最高の敷地は<河を見下ろすもの>である。河の氾濫を伴う水の広がりが、軽いそよ風を起こし、これが空気を暖め、春の遅霜のリスクを消し、概して隣接したエリアの気候を穏やかにする。また葡萄の木の栽培面積の密度が高いため、根が6~7m下まで伸び、最悪の干ばつ時でも、河によって供給される水を容易に見つけることができる。このシャトーは、常に人が居住してきた比較的数少ないメドック・クリュ・クラッセの一つである。他のシャトーのように、川に面して建てられている。昔、人々は川を使って移動していたので、道路はずっと後になるまで建設されなかった。シャトーの大きさはキュヴィエールとセラーが家の下に横たわっているというユニークな要因によって部分的に説明することができる。
18世紀には単にボカイユ(素晴しい砂利という意味)と呼ばれており、M.Bergeronによって所有されていたが、1795年までにはM.Bertrand Ducruの手中にわたっており、彼は、17世紀に遡る素晴しいアーチ型天井造りのセラーの上に、エレガントで長いシャトーの中心部分を建てた。シャトーは1866年までこのファミリーの手中にあり、その頃ここはデユクリユ=ボカイユとして知られていた。ここを購入したジョンストンファミリーは、西側に四角のヴィクトリア朝風のタワーを加えることによって、シャトーを更に拡張した。この敷地が210haであるのに対し、実際畑は50haにすぎない。
シャトーは現在ジャン=ユージーン・ボリーによって所有されている。彼は、1941年に敷地を購入した父親からここを相続した。彼の指示の下、ワインの質は一級のそれにチャレンジするほどに上がった。
セカンドラベル: ラ・クロワーボカイユ
畑の面積: 50ha
1haあたりの葡萄の木の本数: 10,000
平均生産量: 16,500ケース
平均樹齢: 10~38年
畑の分布: 1区間
土壌: 砂利
酵母の添加: 最初のタンクへ
マセラシオンの期間: 15~21日
樽の年齢: 新樽を20~50%使用
樽熟の長さ: 18~20ヵ月
発酵の温度: 30度
発酵槽のタイプ: コンクリート
発酵のコントロール: 温度調節機能付き
清澄: 新鮮な卵白(1樽につき6個)
フィルターの使用: なし
ボトルのタイプ: ブルドレーズ
シャトーにおける瓶詰め: 100%
品種: 65%カベルネ・ソービニオン
25%メルロー
5%カベルネ・フラン
5%プティ・ヴェルド
1ヘクタールあたりの生産量: 40~55hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 10~30年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。