現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

シャトー グラン ピュイ ラコスト

メドックの5級で、畑はポイヤックの最も高所の地域の一つにある。シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギランとも呼ばれたシャトー・グラン・ピュイ・ラコストの記録に残された歴史は、15世紀に遡る。その頃ここはドゥ・ギロー氏に属しており、彼の娘の一人はボルドー議会の議員であるドゥ・ジャン氏と結婚した。サン=ギル氏と結婚したのはジャンのひ孫娘であり、サン・ギル氏の名前はいまだにラベル上に書かれている。彼はサノヴレス・ドゥ・ローヴのメンバーであり、彼の娘の一人はラコスト氏と結婚する際にグラン・ピュイの敷地の一部を受け取り、故にグラン・ピュイ・ラコストである。

このドメーヌはシングルユニットをカバーし、これはポイヤックの南、グラン・ピュイ(大きな塚)の名の由来である高台の上にある。(〈グラン・ピュイ〉と呼ばれる場所の由来は、クロード・マスによって作られた地図上で1709年に発見された。)この高台は、素晴らしい水はけを保証し、敷地の真ん中に全ての余分な水を集める池があるので、なおさらそうである。
一つのことが確かである: メドック全ての格付けされたクリュのなかで、1855年の格付け時に持っていたのと同じ畑を所有している、稀なクリュの一つである。このエキサイティングなシャトーは1850年に建てられ、ちょうど1737年に遡る古い住居の増築部分である。この日付がフロントポーチに彫り刻まれているのを、現在でも見ることができる。
ボリー家は現在のオーナーであり、1980年のヴィンテージ以来古いキュヴィエールをステンレススティールに取り換えた。1978年の購入時には幾分荒廃していたこのシャトーは、現在趣のあるように改装された。畑の大部分はバージの高台上にあるシャトー前の一区画である。
セカンドラベル: ラコスト・ボリー
畑の面積: 50ha
土壌: 非常に深い目の粗い砂利の下層土
酵母の添加: 最初のタンクにのみ添加
マセラシオンの期間: 15~21日
発酵の温度: 30度
発酵のコントロール: 温度調節機能付き
発酵槽のタイプ: ステンレススティール
樽の年令: 新樽を30%使用
樽熟の長さ: 18~20ケ月
清澄: 卵白
フィル.ターの使用: なし
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
品種: 70%カベルネ・ソーヴィニヨン
25%メルロー
5%カベルネ・フラン
lhaあたりの葡萄の木の本数: 10,000
平均樹齢: 38年
1ヘクタールあたりの生産量: 45~47hl
収穫: 手摘み
平均生産量: 13~14,000ケース
畑の分布: 1区画
貯蔵: 7~20年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。

このセクションには商品が登録されていません