商品フィルタ 商品フィルタ

オーストラリア

歴史について ・・・
いつ & どこで始まったの?? オーストラリアで最初に植えられたブドウの木は、イギリスの第一移民船団の乗組員が、 ニュー・サウス・ウェールズ州シドニーに上陸した1788年に持ち込まれました。1890年代に入ると、現在ワイン生産地として知られている、ハンター・ヴァレー 、バロッサ・ヴァレー、ヤラ・ヴァレーで本格的なブドウ栽培が始まり、ワイン生産地として確立しました。ブドウの木の多くは、フランス、ドイツ、スペインから持ち込まれたため、150年前の初期のオーストラリアワイン産業は、ヨーロッパの伝統に沿ってワインが造られていました。ヨーロッパからの移民たちは、ブドウの木と共にブドウ栽培とワイン醸造の技術も持ち込みました。新たに設立されたばかりのオーストラリアの植民地では、ワイン醸造方法を規制する理由はなかったため、新しい試みやブドウ品種間、産地間のブレンドによるワイン造りが成され、現在のワイン産業の礎となったのです。 その結果、今私たちは熟練したブレンドと変わらぬヴィンテージを味わうことができるのです。その後に続いた移民たちは、母国のブドウ栽培とワイン醸造の伝統を、多種多様なオーストラリアの気候と土壌にすばやく適合させて、オーストラリアのスピリッツを現したワインを造ることを学びました。 現在のオーストラリアワイン産業は、ワイン生産地が60地区以上に点在、世界第4位のワイン輸出国であり、そして、ヨーロッパ以外の国では最大のワイン輸出国です。

Copyright 2005 Wine Australia

バナーをクリックいただくと、ブランドごとのワインリストをご覧いただけます。