シャトー・デスミライユ


デスミライユは1855年のボルドー格付けで第3級に選ばれました。マルゴーのアペラシオンで、卓抜としたテロワールを持つ区画からワインは産出される。アペラシオンは繊細なバランスを完璧に表現している。

現代的な技術と設備を駆使し、発酵させながら、伝統への敬意も忘れていない。こうして造られてワインは若い時にも楽しめるが、熟成させると発展していく、非常に大きな熟成ポテンシャルを宿す。

厳選した葡萄、慎重に吟味された醸造法はともにシャトー・デスミライユがグラン・ヴァンになる鍵である。

歴史

シャトーの名である「デスミライユ」は17世紀末からメドック地区のワイン生産と結びついている。

ボルドー議会の弁護士であったジャン・デスミライユが妻のダウリー(註:結婚時に妻から夫への財の贈与)の一部として、土地を得た際に、自分の名を名づけた。

シャトーは1855年格付けが行われる直前までデスミライユ家が所有し、その後シャトー・マルゴーの支配人だったシピエール氏が購入し、彼のオーナーシップの元で第3級に格付けされた。

20世紀初期に有名な作曲家メンデルスゾーンの甥にあたるロバート氏が、わずかな期間所有した。そして北フランスの手袋メーカーのマルティアル・ミシェル氏が購入し、第二次世界大戦が勃発する少し前に、デスミライユをシャトー・パルメへを売却した。

シャトー・パルメはしばらくその土地を所有してから、1980年にルシアン・リュルトン氏へ売却しました。彼は部ボルドーワインの世界でのアイコン的存在だった。

1992年、ルシアン氏が他界し、10人の子供たちがそれぞれ土地を引き継ぎました。上のほうの兄弟の一人で弁護士だったデニ氏がシャトー・デスミライユの管理者となった。

今日、デニ氏は父親の取り組みをさらに発展させ、醸造施設を近代化させ、このグラン・クリュのシャトーの発展へと全総力を注いでいる。

テロワールの影響

葡萄の房は手作業で収穫され、その後葡萄畑の選別台の上で選り分けられる。

収穫された葡萄:
房は除梗され、果粒は軽く破砕され、その後収穫された区画ごとに桶に入れられる。

幾つかの段階から成る醸造:
アルコール発酵(糖分がアルコールに還元される)の間、色とタンニン(組成)を抽出する為、温度が約30℃に調節され、毎日ポンピングオーバーを行い、果汁と共に果帽(固形物-果皮、パルプ、種-を含む)を攪拌する。
マセラシオンは約28℃で行われ、色と組成の抽出を継続させる為、スキンコンタクト-果汁と固形物(ポマース)を果汁と一緒にしておく。

ワインが一旦出来上がると、つまりワインが必要とされる組成を持つと(これはテイスティングで決定される)、そのワイン(フリーラン果汁)は、別の桶に流され、又は注がれる。


ロゼ・ドゥ・デスミライユ:
フレッシュさと果実味を強調する為に造られた、このデスミライユ・ロゼは、グラン・ヴァンのブレンドと同じ様に、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが使用されている。

このセクションには商品が登録されていません