現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

シャトー カマンサック

シャトー・カマンサックは、1855年に格付けされたうちで、最も知られていないものの一つである。しかしながら、1965年にフォルネール家による購入によって、シャトーは幾分か再興を経た。購入された時、シャトーは非常に荒廃しており、1968年に畑はわずか13haしかなかったが、フォルネール兄弟が、今日65haにまで増やした。彼らは葡萄の木を植え変え、シェとワイン造りの施設を改造した。エミール・ペイノー教授(有名なフランスのワイン醸造学者)の助けと監督のもとに、非常に良いワインを造り始めたのである。

セカンドラベル:La Closerie de Camensac ラ・クロズリ・ドゥ・カマンサック
畑の面積:65ha
平均収穫量:25,000〜30,000ケース
畑の分布:数区画
土壌:主として粘土だが、色々な種類の下層土上に深い砂利の層
品種: 60% カベルネ・ソーヴィニヨン
15%カベルネ・フラン
25% メルロ
剪定:グイヨーダブル
ルートストック:リパリア-3309-420A-101.4
1haあたりの葡萄の木の本数:10,000
平均樹齢:30 年
1ヘクタールあたりの生産量:38hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし
マセラシオンの期間:15〜21日
発酵の温度:30度
発酵のコントロール:ヒート・イクスチェインジ&冷水の循環
発酵槽のタイプ:セメントもあるが、主にステンレススティール
ヴァン・ドゥ・プレス:ヴィンテージにより一番搾りも加えられる。
樽の年令:35%〜75%新樽を使用(アリエール)
樽熟の長さ:16〜24ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:樽に入れる前とボトリングの前
ボトルのタイプ:ボルドレーズ・ルルド
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:5〜14年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ

このセクションには商品が登録されていません