現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー オーゾンヌ

サンテミリオンの特級であるシャトー・オーゾンヌは、生産量がそれ程少なくなければ(その頃は8樽分であった。)、オーブリオンのように1855年に格付けに含まれたであろう。立地が申し分なく、逆風から守られている急勾配の畑は、非常に古いねじれた葡萄の木で満たされており、この地方では珍しい石灰岩の上に粘土と砂の混ざった土壌を含んでいる。4世紀、オーゾンヌの斜面はこのエリアで葡萄が植えられた最初のものの一つであった。伝説によると、シャトー・オーゾンヌはローマ人の詩人アウソニウスの屋敷の敷地にある。320年に生まれ、395年に亡くなったアウソニウスはこの地域に畑を所有したことでも知られて

いる。シャトーは印象的なワインセラーを持ち、シャトー近くの墓地の下の丘陵の斜面の中腹に掘られている。
セカンドラベル:なし
畑の面積:17.32ha
平均収穫量:2,200ケース
畑の分布:
土壌:石灰岩上に粘土と砂の混じったもの
品種:50% メルロー 50%カベルネ・フラン
剪定:グイヨー シンプル
1haあたりの葡萄の作付け数:6,000
平均樹齢:45年
1ヘクタールあたりの生産量:30hl
収穫:手摘み
酵母の添加:なし(野生)
マセラシオンの期間:20日
発酵の温度:28〜30度
発酵のコントロール:タンクに流水をかける
発酵槽のタイプ:木製
ヴァン・ドゥ・プレス:年による
樽の年令:新樽を100%使用
樽熟の長さ:18ケ月
清澄:新鮮な卵白
フィルターの使用:なし
ボトルのタイプ:トラディヴェール
シャトーにおける壜詰め:100%
貯蔵:15〜50年サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:基本的な肉とポテト料理:フィレミニヨン、ラムフィレ、ソテーかグリルされたステーキ、チーズ