商品フィルタ 商品フィルタ

グラッタマッコ

グラッタマッコ - スーパー・トスカーナ(ピーロート・ジャパン独占販売)

グラッタマッコは1977年に設立された。カスタグネト・カルデュッチとボルゲリにはさまれた海に面し、海抜100メートルの丘の頂上に位置する。このエリアはこの素晴らしいワインを生産する為だけに使用され、乾燥した気候を享受する。

このエステートは約30ヘクタールから成る場所に広がり、その内の11ヘクタールは葡萄畑で3ヘクタールはオリーヴ園である。残りは森林で、約1,600ヘクタールに及ぶ広大な森林地との境界を成している。更に平均8%の傾斜を持つ、この急勾配で丘陵性の葡萄畑は、部分的にコルドン式、又はグイヨ式にのみ仕立てられており、収量は1ヘクタールあたり約5.5~6トンである。

収穫の間葡萄は注意深く厳選され、容量800リットルの頭を落とした円錐形のオーク桶の中で発酵が開始される。ここでは手作業での撹拌が行われ、長いマセラシオンの過程では野生酵母のみが使用される。

各品種は別にされ、自然のバクテリアのみによるマロラクティック発酵が樽の中で完了する。

ブレンドは12ヵ月後に造られ、更に熟成させる為樽に戻される。フランス産のオーク樽で12~18ヶ月熟成され、後に通常6ヶ月以上の瓶熟が続く。このエステートは、イタリア有機農業協会(AIAB)により保証され、認定された有機栽培の基準を順守している。

ボルゲリは、ティレニア海沿岸近くに位置し、偉大なワインの首都です。ここは、40年前に、世界で最も有名なワインの一つ“サシカ・デラ・テヌタ・サン・ギドー”が造られた所でもあります。グラッタマッコがすぐその後に続き、そのユニークで非常に特有のスタイルの為に、知られるようになりました。
カスタグネト・カルディッチの上の丘にある、グラッタマッコの敷地は、ピエ・マリオとパオラ・メレッティによって所有されています。小さな敷地で、8ヘクタールからなります。選択された品種のために、どのワインもDOCではなく、地理上の言及がしてあり、敷地の名前の下に販売されています。
赤は、典型的にカベルネ・ソーヴィニヨンと最高のサンジョベーゼのブレンドです。これらのワインは、イタリアの主要なワインガイドである“ガンベロ・ロッソ”で常に、非常に良い~素晴らしいと評価されています。
バートン・アンダーソン氏のワインアトラス オブ イタリーで、彼は“このエステートの素晴らしいワインは、グラッタマッコ・ロッソで、サンジョヴェーゼ、マルファジア・ネッラ、カベルネ・ソーヴィニヨン種です。サッシカイアと並ぶことのできるVdTです。”と述べています。これは、モダンワイン インサイクロピディアのなかで、ヒュー・ジョンソン氏によって立証されています。彼は、“サンジョヴェーゼ、マルヴァジア、カベルネ・ソーヴィニヨンから造られたグラッタマッコ・ロッソは、イタリアで高く評価されており、サッシカイアにひけをとらない。”と書いています。

http://www.collemassari.it/spaeng.htm