現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

テラス・ダヌビアンヌ

優れた歴史
ルーマニア人の祖先・ダキア人は、ワインの神であるディオニソス神を信仰していました。歴史学者・クセノポルによると、古くからダキア人は葡萄を収穫していたといいます。
さまざまな歴史の記録によると、ローマ帝国のトライアン王がダキアを侵略した時代には、その地域の象徴として、表は麦の束、裏面には女性と葡萄を持った子供が描かれたコインを作りました。東欧の旅人、アントン・ヴェラネシッチ(15041575)司祭はルーマニアの旅の日記に次のように記しています。「私の国のファレルヌムとシャンペンのワインの味を忘れてしまうような、強くてまろやかな、白、赤、すべておいしいワインがこの陽のあたる丘で出来ます。」
時が過ぎ、ワインの醸造法は改善されていきました。優れた品質管理によって、ルーマニアは特筆すべきワインの大生産国として認められ、さまざまな賞も獲得しました。
コトナリ、サンブレシュテイ、ムルファトラール、デアル・マーレなどのワインは殊に有名です。
しかし、1884年にヨーロッパの葡萄畑に大きな被害を与えたフィロクセラ病の流行と、さらには第一次、第二次世界大戦を経て、葡萄畑は国有化され、その結果ルーマニアは世界のワイン市場から姿を消しました。
その後、1世紀の時を得て、ルーマニアの醸造家たちは忘れかけていた愛する葡萄畑に戻ることができ、新しい時代が始まりました。
 
偉大な将来
ルーマニアでは、古代より受け継がれた国産の種類に加えて、20世紀の始めに数種が輸入され、ルーマニアの持つ良好な気候条件で葡萄栽培は大きく発展しました。現在では葡萄畑は21万ヘクタール、年間生産量は50万キロリットル以上となっており、世界の10大生産国のひとつに数えられています。ルーマニアはフランスとほぼ同じ緯度にあたり、温帯から地中海気候までを含む環境は、厚い夏と寒い冬をあわせ持つ葡萄の栽培には最適のものです。また、同地方のカルパチア山脈の土質は、排水性の石灰岩と水を浄化する役目を果たす砂地で構成され、恵まれた水質をもたらしています。
1998929日、ルーマニア政府は品質保証のために、高級ワインを産出する地域を国際基準に基づきDOC、およびDOCCと設定しました。
ルーマニアの恵まれた自然の賜物であるワインは、国民の歴史・伝統・文明であると同時に、世界にルーマニアの存在を広く知らしめるものとなるでしょう。
 
96年の4月、ルーマニア
高級ワインの製造と販売を目的に1998年に設立されたヴィナルテは、農業栽培センターで様々な技術改良を重ねる中で、ルーマニアを代表するワイン製造会社に生長しました。わずか数年でヴィナルテは、ルーマニアを代表するワインであるコトナリー、ザハテニ・ゾレシュティ、スムブレシュティ、ビンジュ・マーレを製造することになったのです。
ヴィナルテはこちらで、スタルミーナワイン工場と190ヘクタールの葡萄畑の合併契約を結びました(60ヘクタールが赤ワイン、130ヘクタールは白ワイン)。現在葡萄畑と葡萄地下倉庫の開発計画が行われています。最初の収穫は99年で、赤ワインが211キロリットル、白ワインが513キロリットルが生産されました。ヴィナルテの技術スタッフはフランスとイタリアから招かれています。ボルドー大学のニコラス・ヴィヴァス氏、イタリアのワイン・コンサルティング会社ツーラワイン社からアチリオ・パッリ氏、ガジャ・バルバレスコ氏の葡萄栽培コンサルタント、フェデリコ・クルターズ氏、またワイン製造担当のフェデリコ・クルターズなどはみな国際的な専門家です。ヴィナルテはルーマニアのワイン産業の復活に力を入れており、高級ワインの生産に充分な自信を持っています。近い将来、世界中の専門家の注目を集めることでしょう。
私たちは、自らの持つ技術をルーマニアの専門家の経験と調和させ、その伝統と生活文化を発展させることを目指しています。