商品フィルタ 商品フィルタ

ヴィニェドス Y ボデガス・ムニョス

家族経営のヴィニェドス Y ボデガス ムニョスは、トレド地方に付随するラ・マンチャの一部に位置する。このワイナリーは三世代を通じ、1940年に現在のオーナーの父、ドン・ブラス・ムニョス・ガルシア・デ・ラ・ロサがワイン醸造と生産を始めた当時と同じ熱意と方法を維持している。

歴史あるワイナリー
地下のセラーは19世紀から続く。このボデガは、ラ・マンチャの伝統的なワイナリーの最も素晴らしい例の一つであり、いまだ許容量9000リットルの陶製の大型容器を35所有している。家父長制の下岩を掘削し造られたこのワイナリーは、かつてこの一族の初代が消費する為にワインを生産し、余剰分は全て、後にこれらを市場に出すようになったより規模の大きいボデガに売っていた。

ムニョス葡萄畑
葡萄栽培は良質なワインを得る為に最も重要な要因であることは疑いの余地が無い。これを念頭に置きムニョス家は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、テンプラニーヨといった黒葡萄を栽培する30ヘクタールの葡萄畑、また白葡萄の品種シャルドネを栽培する6ヘクタールの葡萄畑を所有する。クオリティーワインを生産する為、このワイナリーが尽力していることの一部でもあるが、葡萄栽培の重要性は、高品質の葡萄を生産し得る葡萄樹栽培の為の土地を入念に探すという作業へとつながる。従ってこの葡萄畑は、肥沃でない泥灰土壌の薄い層上に位置する。この土壌からの収量は低いが、ここで育った葡萄は例外的な濃縮度の、芳香の強いワインを生み出す。
気候
土壌の性質と同様に、この地域の気象条件により葡萄畑は、寒い冬、大変暑く乾燥した夏といった、非常に厳しい気候条件にさらされる。よってワイナリーは、葡萄樹を健康に保つ為に化学物質の使用に頼ることなく葡萄を得ることが出来る。前述の条件に加え、8月、9月の強い陽射しと日中と夜間の大幅な温度差に特徴付けられる葡萄畑の特徴的な微気候が、我々のワインを得るのにまさに適度な熟度の葡萄を生み出す。