現在、ギフトシーズンにつき繁忙期のため通常よりも配送にお時間をいただく場合がございます。ご注文の際は、予めご了承いただけますようお願いいたします。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー レオヴィル バルトン


非常に早い時期1638年に、モワティエ氏はサンジュリアンの教区をポイヤックと分離する小川を越えた、ラトゥールのちょうど南の小山上の小区画を集め始めた。彼はこの砂利の多い砂丘をモワティエ山と名付けた。1世紀後、議会長レオヴィル氏によって購入された。この段階で、メドックで最も大きい畑であったかもしれない。今日3つに分割され、レオヴィル・バルトンはレオヴィルという名の(全ては第2級)サン・ジュリアンのシャトーの三つ子のうちの一つである。


シャトー・レオヴィル・バルトンにおいて、現在8代目の偉大なアイルランド人ワインファミリーの話を見いだすことができる。1821年、ポイヤックのより大きなシャトー・ポンテ・カネに労力を集中することを切望していたM.ポンテから、ヒュー・バルトンはシャトー・ランゴアを獲得した。1823年にはバルトンはマルキ・ドゥ・ラス・カーズから偉大なレオヴィルの敷地の25%を受け継いだ。敷地にシャトーが建てられたことはなく、レオヴィル・バルトンとランゴア・バルトンはランゴアのセラーで造られている。

彼らのポリシーは、古い葡萄の木の可能な限りの高割合を保つということである。シャトーはまた、カベルネ・ソーヴィニヨンのパーセンテージが比較的高い。21日以上のとりわけ長いキュヴェゾンの実行を厳守する。発酵は約200hlのオーク槽でなされる。熟成はオーク樽でなされ、ボトリングはヴィンテージの2年後に行なわれる。
1983年、アントニー・バルトンは伯父のロナルドからシャトーを引き継ぎ、1985年から質は非常に向上し、現在メドックで最高のものの一つである。

セカンドラベル: レイディランゴア、サンジュリアン
(ランゴアとレオヴィル・バルトンのブレンド)
畑の面積: 39ha
従業員数: 40名
品種: 70%カベルネ・ソーヴィニヨン
8%カベルネ・フラン
20%メルロー
2%プティ・ヴェルド
平均生産量: 20,000ケース
畑の分布: 1区画
土壌: 粘土の下層土上に砂利の多い土壌
酵母の添加: 酵母添加
マセラシオンの期間: 21日以上
発酵の温度: 30度
発酵のコントロール: 水使用
発酵槽のタイプ: オーク
樽の年令: 新樽を50~60%使用
樽熟の長さ: 24ケ月
清澄: 卵白
フィルターの使用: 壜詰め前のフィルターがけなし
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
1ヘクタールあたりの生産量: 52/56hl
lhaあたりの葡萄の木の本数: 9,000
平均樹齢: 25年
収穫: 手摘み
貯蔵: 8~25年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。