現在ギフトシーズンにつき、ご注文が集中しており、通常よりも商品のお届けにお時間をいただく場合がございます。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー ドゥ シヴラック

シャトー・ドゥ・シヴラックはメドックの北部、シヴラック・アン・メドックのコミューンに位置している。気をつけたいのは、ブレイユ&ブルク地域の同名のシャトーとは違うということである。

14世紀までに、この地域では葡萄畑が広範囲にわたって耕されていた。これらの葡萄畑は少しづつ放棄され、フィロクセラや他の病気によって破壊された。最近この地域はカムバックし、近代テクノロジーを基に新しい建物を建てるいう利点を持っている。シャトーの名前は“シヴラック・メドック”のコミューンの名前からきている。
 
セカンドラベル:なし
畑の面積:30 ha
平均生産量:9,500ケース
土壌:粘土、チョーク、砂利
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 60%  メルロー 30% カベルネ・フラン 10%
平均樹齢:20年のもの20ha
5〜10年のもの10ha
酵母の添加:なし(野生酵母)
発酵槽のタイプ:セメント
樽の年令:30%新樽を使用(ミディアムトースト)
シャトーにおける壜詰め:モービルボトリングライン(移動式ボトリングライン)
 
貯蔵:5〜10年
サーブする時の温度:17度
食べものとの組み合わせ:ベイシックな肉とポテト料理;フィレミニオン、ラムフィレ、ソテーかグリルしたステーキ、チーズ
 
これは、若々しく非常に濃いルビー色をしたワインである。極端に強調された熟れた果物のアロマ、トースティーで、甘いベリー類、ラズベリー、ブラックベリー、ほのかなピーマン等の香りを持つ。非常に飲みやすいワインで、柔かみのある舌触り、熟したフルーツ風味、少々スパイシーな後味がある。