現在、ギフトシーズンにつき繁忙期のため通常よりも配送にお時間をいただく場合がございます。ご注文の際は、予めご了承いただけますようお願いいたします。

商品フィルタ 商品フィルタ

シャトー・ボーセジュール・ベコ



プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ B

歴史

古い町の真西、サン=マルタン・ドゥ・マゼラにあるボーセジュール・ベコは、アペラシオン、サンテミリオンの中心に位置する。ガロ・ロマン時代よりこの場所は、ワイン生産に捧げられてきた。カマルサックの君主、ジェレスに導かれたサン=マルタン・ドゥ・マゼラの修道士は、中世彼らの時代にこの技術を発達させた。1722年彼らの子孫の一人、ジャンヌ・ドゥ・ジェレスは、彼女の結婚により、ドメーヌ・ドゥ・Peycoucou-尖塔にカッコウの印がある-をカルル・ドゥ・フィジャック家のエステートにもたらした。1787年、ジャック・ドゥ・カルル将軍は、そこでの生活を楽しんだ喜ばしい思い出を、後世に残したいと考え、このエステートをボー・セジュールと改名した。

売買と遺贈を通じ-ジャック・ドゥ・カルル将軍は後継を持たなかった-ボーセジュールは1924年、最終的にDr. Jean Fagouetの所有となった。彼は、葡萄畑を拡大し、105ヘクタール(26エーカー)までに増やした。1760年からサンテミリオンに居住するワイン生産者の一族に生まれ、1929年より近隣のシャトー・ラ・カルトのオーナーであるミシェル・ベコは、1969年にこのエステートを購入した。

1979年、ベコ家は、トロワ・ムーランの平野に4.5ヘクタール(11エーカー)を購入し、更にこのエステートを拡大した。その後シャトー・ボーセジュール・ベコとして知られる様になったこのエステートは今

日、完璧に整ったテロワールに、16.6ヘクタール(41エーカー)から成る広大な敷地を有する。
ミシェル・ベコは1985年に引退し、このシャトーの管理を、彼の2人の息子ジェラールとドミニクに引き継いだ。