商品フィルタ 商品フィルタ

シャトーマレスコサンテグジュペリ

1870年、マレスコの素晴らしいワインに、その等級に相応しい価値のあるシャトーとセラーを与えたのは、Messrs FourcadeBoissacであり、このシャトーはメドックの他のシャトーのモデルとなった。

収穫した葡萄が、重力を利用してタンクに落とされる、驚く程“近代的な”タンクセラーを備えていたが、また、我々のボトルに書かれているモットー、“Semper ad altum”(さらに上へ)に忠実であり続けようという、彼らの明白な意志にも関わらず、彼らは1901年、売却を余儀なくされた。安定していた時代はその後、様々なオーナーに継承されたことにより生じた不安定さにより、混乱の時期が続いた。1937年、イギリスの企業Chaplin & Co.は、エドモン・リッツ氏を管理人として任命し、一鉱山技師であった彼の新しい職業は、かつて習得したものとは対照的なものに思われ
シャトー・マルキ・ダレームの後身、シャトー・デミライユは、私の母Almouthと父、ポールによる相続を通じ、この一族に残された。このシャトーは今日まで、私の兄弟であるジャン=クロウドにより、引き続き運営されている。シャトー・マレスコを復興させるという考えを持ったのは、素晴らしいワインへの情熱を持っていた私の父であり、後にこれは、これら2つの全く別個のワインの生産における礎石となった。19世紀の終わりは、フィロキセラとウドンコ病の蔓延に特徴付けられるが、2つの大戦も加わり、既に低迷していた経済状況に打撃を与えた。スイスのツーク州、カントン出身のズュガァー家が3世代にわたり継続して、このシャトーを再び安定させることに尽力し、その名声を取り戻した。現在、一族の代表であるジャン=リュック ズュガァーが、マレスコ サンテグジュペリをアペラシオン マルゴーの偉大なワインの一つにする為、成し得る全てのことを行なっている。
ロジャー・ズュガァー
“ポテンシャルの高さに敬意を表して”
シャトー・マレスコは4種類のセパージュをブレンドしたワインですが、それぞれのセパージュは個性を十分に発揮しながら、お互いに補完しあっています。セパージュの作付け面積の割合は、土壌の特徴に従って決められます。
マレスコワインの基礎となるそれぞれの区画は、伝統的な栽培方法に従い定期的に手入れをします。一本一本のブドウ樹を識別し、樹の特徴に合わせた管理をします。そのため当然のことながら収穫量は抑えられます。
現在、収穫時にはすべてのブドウを房のままかごに入れます。ブドウがつぶれ、果汁が流出すると香りが失われ酸化するので、これを防ぐためです。
伝統的な醸造法を踏襲し、さらに現代に適した方法にするため、収穫されたブドウは醸造所の2階に送られます。この時点でブドウの健康状態を再度チェックします。その後ブドウを変質させないようにやさしく「除梗」します。
弊社が使用する、今までにない新しい除梗機では、除梗だけでなく植物の一部が混ざっていても取り除くことができます。
多くの生産者のもとで主流となっているスタンダード化に異議をとなえ、私たちは伝統的な価値と革新的な醸造法を組み合わせて、「テロワール」の特徴が十分表現されるワイン作りをしています。
“原料の管理”
アルコール発酵は温度管理の下に進められ、酵母や添加物は加えずに、セパージュの香りを最大に引き出します。ルモンタージュ(もろみ循環)は短時間で、定期的に何度も、穏やかに機械で行われます。これはひとつにはマチエールを最大に抽出するため、もうひとつは空気と少しずつ触れ合わせることにより、ワインにニュアンスを与え、安定させ、色調を強化するためです。
このマセラシオンの期間はワインによって長短があり、さらにマロラクティック発酵(ワインの持つ微生物による)が行われますが、ワインの味をよくするためにオリを残したまま、大概新樽に移してから行われます。オリと共に熟成させ、時々バトナージュをすることでワインの酸化による変化を抑えます。ワインに必要な酸素量は、ポリフェノールの強さ、およびタンニンとアントシアニンのバランスを考えて計算します。新樽で14から16ヶ月熟成後、瓶詰め前にブレンドします。その時にはコラージュ(清澄)もせず、フィルターにもかけませんが、これはテロワールの特徴を出したクオリティの高い味を残すためです。
AOCマルゴー :23.5ヘクタール
生産量 :12万本
面積:23.5ヘクタール
セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー35%
カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド5%
平均樹齢 :35
ブドウ樹総本数 :20万本
タンクの種類:温度管理ができるステンレス及びセメント
樽の使用年数:100%新樽
熟成期間:14から16ヶ月
セカンドワイン: ラ・ダム・ド・マレスコ
所有者 :ズュガァー家
栽培責任者 :サンティアゴ・コンパドレ
メートル・ド・シェ:ジル・プジェ
コンサルタント・オノログ:ミッシェル・ローラン
マネージャー:ジャン・リュック・ズュガァー
その他のワイン:ドメーヌ・デュ・バラルダン/AOCボルドー・シューペリウール4万本