ピーロート家沿革(ドイツ)

ピーロート家の起源とワイン醸造の伝統は、祖先であるハインリッヒ・ピーロートがシュトロームベルク村に居を構えたと記録に残っている1675年に まで遡ることができます。シュトロームベルク村は、現在先祖伝来の屋敷と本社があるナーエ地方のブルク・ライエンに隣接しています。

当初(今日と同様に)農業とワイン醸造を生業としていたピーロート家は、長い歴史の中でブドウ畑の規模を徐々に拡大していきました。そして1732 年、世代を経て今なお残る大きな屋敷が建てられました。現在その屋敷は「カスタマー・トレーニングセンター」として利用されています。

 

1905年、当時の家長であったフェルディナンド ・ピーロートの日記によると、ちょうどその頃からピーロート家は ワイン醸造を家業の中核に据えたと記されています。自身のエステート内で初めてワインを瓶詰した1926年は、ピーロート家の事業の新たなステップの幕開 けでした。そして1928年にはすべてのワイン醸造に関連しない事業を中止しました。ピーロート家のエステートの名声が増すにつれ、そこから産出される極 めて上質なワインを他と区別することが必要となり、1930年、現在その名も高き“ピーロート・イーグル”のロゴが生まれました。 このロゴは長い年月の中で何回もモデルチェンジされましたが、ピーロートの生産する「この上なく優れ、素晴らしく高品質なワイン」を絶えず象徴し続けてい ます。

 

第二次世界大戦はピーロート家の事業の着実な成長を混乱に陥れました。しかし、その後1953年、エルマーとクノー・ピーロートという若い世代が陣 頭に立ち、今まで先祖が採ってきた伝統的な販売方法からの脱却が図られました。彼らは、エステートを訪れ、試飲してワインを購入される懇意のお客様とピー ロート家との間に長年培われてきた個人的な友好関係と信頼感を非常に大切なものと認識しました。そして、彼らはこのような信頼関係と友好関係は、「セ ラー・テイスティング」に来てくださる人々だけに限定する必要はないと考えました。わざわざエステートまで足を運ぶことは多くのお客様にとって不便であっ たのも事実でした。彼らは、お客様が自身の家で、もしくは会社で、独りで、あるいは友人と一緒に一種の娯楽として試飲して好みのワインを選ぶことができる 「ピーロート・ホーム・ワイン・テイスティング」を始めました。当時その手法は、伝統にしばられた人々にとっては革命的なものでしたが、現在では鑑識力の あるワイン愛好家がワインを選ぶ際の確固たる「手法」の一つとして認められています。

 

伝統の価値を重んじつつ、かつ一方では時代に歩を合わせることによって、ピーロートは世界 No. 1のダイレクト・セールス・ワイン会社となりました。現在でこそ国際化の動きは多くの企業にとって重要なスローガンとなっていますが、ピーロート家は 1958年にすでに国境を超えてイギリスにピーロート社を設立するに至っておりました。1963年と1964年には、世界で最も伝統あるワイン生産国フラ ンスとイタリアに会社設立を成し遂げました。1969年には初めてのヨーロッパ以外における事業が日本で展開され、すぐそれにアメリカ合衆国(1970 年)、オーストラリア(1972年)、香港(1975年)が続きました。現在 ピーロートは、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、香港、ハンガリー、アイルラン ド、イタリア、日本、ニュージーランド、オランダ、ポーランド、スペイン、スイス、アメリカ合衆国という世界中の20にもおよぶ国と地域において好調な事 業を営んでいます。

 

1975年、300周年記念を祝うため、そしてピーロート家が長い間変わらずに居を構えてきたワイン生産地の明確なアイデンティティーを打ち出すた め、さらには他に類を見ないこの上なく優れたピーロート家のワインを他のラインやモーゼル河畔のワインと区別するため、ピーロートはブルー・ボトルを作り ました。その後、「ピーロート・ブルー」として現在世界中に知られるようになったこのボトルに、全てのピーロートの素晴らしく上質でフルーティーなナー エ・ワインを瓶詰めするようになりました。