シャトー・ヴィニュロー (2006)

838227
シャトー・ヴィニュローはプロヴァンスにおける最も有名なワイン生産者です。

アメリカの著名なワインの批評家であるロバート・パーカーは、彼の書である“ローヌ・ヴァレーとプロヴァンスのワイン”の中で、“シャトー・ヴィニュローは、赤のスペシャリストで、ここの赤ワインは15年~20年の熟成が可能で、この二つの偉大な葡萄品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーをブレンドし、造られている。ヴィニュローのワインは、プロヴァンスのワイン造りにおけるエレガンスを表現している。”と述べています。彼はさらに、ヴィニュローは、“プロヴァンスだけではなく、フランスにおいて、お手本となるシャトーの一つである。”と続けています。


赤のシャトー・ヴィニュローはこのエステート のグラン・ヴァンであり、生産量の少ない古木から手摘みされた葡萄から造られています。三つの葡萄品種はそれぞれ別々に収穫され、果実のフレーバーを最高に引き出し、最上のタンニンを得るための長期の温マセラシオンをともなった醸造も別々に行われます。シラーはワインにスパイシーなフレーバーを、カベルネは構成と優雅さを、そしてグルナッシュはボディーとまろやかさをもたらします。発酵後ワインは地下のセラーに送られ、フレンチ・オークの新樽と古い樽との両方で熟成します。一年あるいはそれ以上の期間樽の中に置かれたワインは、その期間中頻繁に澱引きをされ、その後ボトル詰めされます。それから市場に出荷されるまでの期間に熟成が行われるというわけです。
シャトー・ヴィニュローのワインは買ってすぐにも楽しめますが、ボトル詰めの後でも収穫期から数えて10年及びそれ以上の間熟成し、より良くなるキャパシティを持ちます。

熟成
・オーク樽で18ヶ月熟成
・2年間の瓶熟成を行ってからリリース。
特徴
・ボトリングしてから10年もしくはそれ以上の熟成のポテンシャルを持つ。
受賞歴
ダブルゴールドメダル-サクラアワード2017


15.5/20 Le Grand guide des vins de France, Bettane et Dessauve 2010
87/100 Guide des vins Gilbert & Gaillard 2009
16,5/20 Revue des vins de France 2011
Concours des Féminalise 2011, médaille d'Or

ヴィノテーク2012年11月号

ヴィノテーク ワイン・バイイング・ガイド田崎真也

セレクション17.5点獲得

生産地の詳細情報:フランス>>プロヴァンス>>コトー・デクサン・プロヴァンス
生産者の詳細情報: シャトー・ヴィニュロー

ワインの色:
グレード:
エー・オー・シー - コトー・デクサン・プロヴァンス
葡萄品種名:
カベルネ・ソーヴィニヨン70%、シラー30%
生産地:
フランス>>プロヴァンス >> コトー・デクサン・プロヴァンス
生産者:
シャトー・ヴィニュロー
スタイル:
辛口
容量:
750mL