ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

2ITEMS

絞り込み
表示順

2つのアペラシオンにまたがるシャトー

シャトー・デ・ローレの葡萄畑は、隣接する2つのアペラシオン、モンターニュ・サンテミリオンとピュイスガン・サンテミリオンにまたがるように86haの土地に広がっています。1860年頃に建てられたシャトーは、敷地を見下ろす八角形の塔があることが特徴です。葡萄畑は、石灰岩が露出した南向きの斜面に植えられており、この上質の粘土石灰質の土壌が、メルローを主体としたサンテミリオン・ワインに独特の味わいを与えています。バンジャミンとアリアーヌ・ド・ロートシルト夫妻は、2003年にこの素晴らしい敷地を取得。当初からその素晴らしいポテンシャルを発揮することを目指していました。




シャトー・クラークの経験とミシェル・ローランのアドバイス

ベンジャミンとアリアーヌは、シャトー・クラークの経験と、有名な醸造家ミシェル・ローランのアドバイスによって、シャトー・デ・ローレのドメーヌをピュイスガンとモンターニュの基準となるようにしたいと願いました。ワインは樹齢の高い葡萄の樹から造られ、ほとんどメルロー(92%)、そしてカベルネ・フラン(8%)で構成され、15~18カ月間樽で熟成されます。2003年までシャトー・デ・ローレは、業績のよくないワイナリーでした。ワインは、ほとんどがボルドーのワイン販売業者にバルクで販売されており、このテロワールの可能性を活用できていなかったのです。バンジャマンはドメーヌの視覚的な宝物にも魅了されました。19世紀に建てられ、八角形の塔を持つ壮麗なシャトーから、古い厩舎、羊小屋、湖、南向きの斜面など、敷地内には一帯の建物があり、そのすべてを紹介する計画を持っていたのです。





サンテミリオンの最も有望な若手ワイン

シャトーの取得後、すぐに大工事が始まりました。葡萄畑の大部分はそのままの状態で運営できましたが、貯蔵庫には顕著な投資を行い、ドメーヌに近代的で高性能な設備を備え付けました。2004年には発酵ルームを大改造。小型の木製タンクとステンレスタンクを用いた区画ごとの醸造が可能になり、品質重視のアプローチにより、ドメーヌのワインが生まれ変わりました。また、収穫される葡萄の品質を向上させるため、収量も削減。ベンジャミンの方針は明確でした。目標はもはや大量販売ではなく、自社で瓶詰めする素晴らしいワインを生産するための手段をシャトーに与えることでした。彼の賭けは成功。シャトー・デ・ローレのワインは、現在サンテミリオンの最も有望な若手ワインのひとつに数えられています。

続きを表示 ▼

  • シャトー・デ・ローレ・バロン (2016)

    SALE

    5

    ライトボディ

    フルボディ

    赤ワイン

    辛口

     

    バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト

    葡萄品種:

    メルロー

    ¥8,910 ¥7,931(税込)

    フランス  ボルドー

    バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトがシャトー・デ・ローレを2003年に購入して以降、メルローの最高区画から特別なキュヴェを造る事によってこのエステートの真髄を示したいと願っていた。手摘みでの収穫、選果、細心の注意を払った発酵は特級に値する。 この希少なワインは、最上のヴィンテージにのみ生産される。メルローから造られる素晴らしいサンテミリオンワインの全ての質を反映して、優雅さと個性の繊細な組み合わせを示す。 テイスティングノート 黒に近い深い色。ノーズはフレッシュな木の軽くトーストした含みに、ブラックチェリーを伴い、並外れた熟成を示す。エレガントなフルボディの、際立つ複雑なアロマ。味わいとノーズ両方を、支配するボディ。タンニンはエレガントでしなやか、そしてビロードのように滑らか。軽く煮込んだブラックチェリーやブルーベリーの、熟した新鮮な果実味が勢いよく広がり、新しいフレンチ・オークで熟したワインは、素晴らしい木とマイルドにトーストした含みのバランスが特徴的。 合う料理 熟成した赤肉や最高級の魚介類と好相性 葡萄品種 メルロー100% *本ヴィンテージが在庫切れの場合、在庫があり価格が同様の場合は自動的に次のヴィンテージに変更されますのでご了承ください。

  • 赤ワイン

    辛口

     

    バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト

    葡萄品種:

    メルロー, カベルネ・フラン

    ¥5,038(税込)

    フランス  ボルドー  ピュイスガン・サン・テミリオン

    テイスティングノート 透明な紫色。素晴らしくフレッシュなノーズは、黒果実の含みを表す。ほのかなシーダーがモレロチェリーのアロマと混ざり合う。エレガントな味わいに肉厚なアタックから見事な風味が広がる。洗練されたビロードのように滑らかなタンニンが、すっきりした黒果実を連想させる。全体的に控えめな木とほのかなリコリスが強調されていて、余韻の長い後味が続く。フレッシュな味わいがとても心地よい、また10年以上の高い熟成のポテンシャルを持つ。

    合う料理 前菜、白または赤肉(仔牛のロールや牛肉)のグリルやソース添え、上質なチーズと完璧に合う。

    葡萄品種 80% メルロー、20% カベルネ・フラン

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。