ラングドック

ラ・フォルジュ (2017)

仕様

生産国: フランス

地域: ラングドック・ルーション / コルビエール・ブトナック

スタイル: 赤

葡萄品種: カリニャン, シラー

テイスト: 辛口

アルコール度数(%): 15

グレード: A.O.P.

生産者: Gerard Bertrand

サーヴする温度(℃): 18

容量: 750ml

9255688
在庫あり
+
まとめ買いでさらにお得!:
数量 3+
価格 ¥8,690
(税込 ¥9,559)
 
¥10,430
(税込 ¥11,473)

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷

説明

ドメーヌ・ドゥ・ヴィルマジューのアイコン的ワインであり、ベルトランの父への敬意を表す
南フランスの典型的な品種であるカリニャンは樹齢100年
少量生産であり、各ボトルには番号がふられている
コルビエール=ブトナックのエッセンスが詰まった銘柄

「ラ・フォルジュ」と命名された、ミオセーヌ山脈の背後の個性豊かな場所にある畑の中でも、特別に選ばれた区画の葡萄からつくられるワインです。この区画は、コルビエール地区のブートナックのアペラシオンを持つ、ドメーヌ・ヴィルマジューの畑です。このワインは、2つの葡萄品種のブレンドから造られ、素晴らしいアロマの表現(シラー)と、たっぷりとした果実味(カリニャン)が感じられます。ヴィルマジューの葡萄畑は、ジェラール・ベルトラン家の歴史的な故郷であり、INAO(原産地呼称統制委員会)によって格付けされた、コルビーエル地区の1級格付け、ブートナックの筆頭です。

テイスティングノート:熟れたチェリーのような濃い色調と同様、凝縮した香りからトーストやクローヴ等のスパイスも感じられる。エレガントさと力強さを併せ持つ味わいには、心地よい甘やかさがあり、赤いフルーツの砂糖漬けの風味も現れる。柔らかなタンニンとスパイシーな余韻を持った偉大な赤ワイン。

相性の良い料理:デキャンタージュして16-18℃でサーヴして。ラム肉やグリルした肉や地中海風料理とともに。

畑 / 醸造方法

土壌:INAO(原産地呼称統制委員会)がブトナック地域の第1級と定めた畑。小石を含み、水アクセスがしやすい、樹齢百年の葡萄が栽培されている。

気候:地中海、半乾燥、穏やかな冬、中程度の降水量(20インチ)で、7月と8月はかなり乾燥する。 このワインの卓越した品質は、秀逸な葡萄の品質に由来する。

古樹:カリニャンは樹齢80年、シラーは樹齢20年の葡萄を使用。 未熟な青い葡萄を早期に刈り取って、収量(25hl / ha)を調節し、より熟した葡萄に栄養が行き届き、濃厚で濃縮した果汁を形成するように図った。

収穫は伝統に従い手摘みで行われる。ほとんどはまるごと大桶に入れられ、カルボニックマセラシオンで別々に醸造される。 大桶から取り出し、マロラクティック発酵させた後、異なる品種のワインをブレンドし、オークの新樽で10-12ヶ月間熟成させる。木材の生産地と加熱の種類を考慮し、各ヴィンテージの熟成ポテンシャルに合わせ、最良の樽メーカーを選択する。 このワインは、プレスやフィルター掛けせずボトル詰めされ、12ヶ月間瓶内熟成させた後、リリースされる。

受賞歴

サクラアワード201ダブルゴールド&ダイヤモンド!
ベタンヌ&ドゥソーヴ 2018 17/20ポイント!