【10/26更新】北海道で発生した地震に関するお見舞いと、その影響による荷受け停止・遅延に関するお知らせ。こちらよりご確認ください。

商品フィルタ 商品フィルタ

メールニュース登録フォーム

最新ニュースやお買い得情報をお届け
毎月1回、最新ワインやイベント、お買い得情報をお届け!

カ・マイオル


プロヴァンツァは、カ・マイオルへと名称を変更しました。
  
 
伝統と革新をバランスよく融合した、カ・マイオル社は4つの農場から構成されており、最も古いものはデゼンツァーノの公証人であったセバスティアーノ・マイオリによって1710年に設立されている。1967年から本社はカ・マイオルである。
そのカ・マイオル・ワイナリーは、コンタト家の起源となる地域、ガルダ湖地区の一片に設立された。1967年に父親のウォルター・コンタトが創業したが、現在は子供たちであるファビオとパトリツィアの献身的な取り組みにより、会社は気高い伝統を守り続けている。

もともとはルガーナワインの生産地の中心部に12ヘクタールを所有していたが、彼らの熱意によって、現在は肥沃な土地へと140ヘクタールまで拡大している。畑への愛とワインに対する情熱により、カ・マイオル・ワイナリーはその地域で最も有名なワイナリーのなかでも際立ったワイン生産者として、存在感を放っている。これは、素晴らしいワインを生産し、人々へ届けることとする、マイオル家の伝統に拠る。

コンタト家が何年も掛けてモリノ、ロチェッタ、ストルタの農場へと拡大していき、成長する市場の需要に応えるために、新しい畑に葡萄が植樹された。近年では、組織の再編成プランにより、近代的で広範な地下室のセラーや建築的な面で改良されたエリアが建設された。ここでは、一般の人々がワインからグラッパ、そしてガルダ湖の特産であり特別なエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルまで、カ・マイオル社の全商品をテイスティングできる。


ワイナリーは最先端技術のまさに宝石のようであり、大きな地下室のセラーは、カ・マイオルの象徴であり、ワイナリーは更新されていくセラーの力強さからバイタリティを得ている。広範な開発プロセスの最初のステップとして2000年に建造された新しいセラーは、ワインの品質と特徴を保つデザインの近代的な装備を誇る。高いレベルの技術で醸造と瓶詰めができる装備は、伝統に基づいた、高品質なワインを生産しようとする思いを決して裏切ることはない。

葡萄房は手摘みで収穫し、優しく破砕し、注意深く発酵を見守り、軽くトーストしたフレンチオーク樽で醸造する。生産プロセスの自然で行う過程はずっと変わらぬままであり、家族の歴史と力強くリンクしている。

 
・カ・マイオルのワインをオンリストしている星付きレストラン
ミシュラン一つ星獲得のミラノのレストランDavide Oldani in CornaredoやSADLER でサーヴされている。(オーナーは、両レストランともイタリアで有名なシェフ オルダニ)

ガルダ湖にあるレストラン Villa Giulia in Gargnano (ミシュラン一つ星) 、L'Esplanade in Desenzano (ミシュラン一つ星)、ガルダ湖より少し離れたブレシアの町の近くにあるMiramonti l'altro in Concesio (ミシュラン2つ星)、北イタリアのミシュラン一つ星レストラン、エルブスコのDa Nadia, ランツォ・ディンテルヴィのLocanda del Notaio、ポンテロンゴのLazzaro 1915、またコモ湖にあるグランドホテル・ヴィッラ・セルベッローニ、グランド ホテル トレメッツォ、ヴィラ デステなどの有名なホテルの一つ星レストランでサーヴされている。