絞り込みフィルター(生産国/地域別)
価格
¥  –  ¥
  • ¥11880
  • ¥29800
生産国
地域
ワインスタイル
テイスト
葡萄品種

クレイン・コンスタンシア

ワイナリーの歴史は古く1685年に遡る。フォールス湾を見下ろすコンスタンシアバーグの丘の上にあり、世界で最も美しいワイナリーの一つとして知られている。ワイン造りに適した冷涼な気候の恩恵をうけ、クレイン・コンスタンシアは世界一の自然な甘口ワイン、ヴァン・ドゥ・フランスを含む南アフリカの最高ワインを造り出してきた。
特に18世紀のヨーロッパにおいて、高い賞賛を得たコンスタンシアの「ヴァン・ド・コンスタンス」は直ちに19世紀のチャールズディケンズやジェーン・オースティンの文学作品に登場した。19世紀末にフィロキセラにより葡萄畑は全滅したが、その後歴史上ユニークな自然な甘口ワインの葡萄畑を再開発し、1986年にクレイン・コンスタンシアにより伝説のコンスタンシアワインが復活した。それ以降、ヴァン・ドゥ・コンスタンスは世界トップワインに常に位置付けされています。
クレイン・コンスタンシアは2011年5月にズデネグ・バカラとチャールズ・ハーマンによって買収された。2012年1月、スウェーデン生まれのハンズ・オストロムはクレイン・コンスタンシアの社長として就任し、2015年にパートーナーとして所有者に加わっている。2012年6月、ブルーノ・プラット(サンテステフのシャトー・コスデストゥルネルの元所有者)とユベール・ドゥ・ブアード(サンテミリオンのシャトー・アンジェリュス.の共同所有者)は、豊富な知識と経験と現代化をもたらした。
クレイン・コンスタンシアは、冷涼なコンスタンシアの気候と、才能あるワインメーカーのマシュー・デイの指揮の下で歴史的伝統を反映したワインを作り続けている。
WWF コンサベーション・ チャンピオンとして、クレイン・コンスタンシアのビジョンは世界自然保護基金の目標と一致しており、その目的は補完的かつ相互に有益な方法で自然保全と農業開発を結びつけることである。クレイン・コンスタンシアは、可能な限り多くの有機的およびビオディナミ方法を採用し、より環境に配慮した方法でワインを生産するために絶えず努力している。

歴史的な重要性、起源、品質、ユニークなスタイルで国際的に認められた象徴的な高級ワイン。 1685年以来、最も古い高級ワインの1つであり、ほぼ100年間休止した後、1986年に再導入され、成功を収めた。
コンスタンシアは、18世紀から19世紀にナポレオンボナパルトやプロイセン皇帝フレデリック大王からイギリス王室のジョージ4世やビクトリア女王に至るまで、皇帝、王、女王に愛された。ジェーンオースティン、チャールズディケンズ、チャールズボードレールなど、多くの18世紀および19世紀の偉大な作家の作品に登場した。
「Vin de Constanceはその地理特徴によるもので、ワインを造り出すのは葡萄畑である」とクレイン・コンスタンシアは地理と遺産のユニークな組み合わせによるものである。コンスタンシア半島、6億年前の古い花崗岩真砂土土壌、大西洋とインド洋の合流など環境を持つ、世界で最も神秘的な葡萄畑の一つである。海抜35m~350mに位置し、海抜150m以上では常に潮風の影響を受ける。
クレイン・コンスタンシアの冷涼な気候と非常に特徴的な土壌を表現しながら、非常に繊細なデザートワイン、ヴァン・ド・コンスタンスは糖度、サンドとアルコール度数との完璧なバランス、個性的なフレッシュさを持つ。
こんにちヴァン・ドゥ・コンスタンスは常にワイン・スペクテーター、ロバート・パーカーなどのワイン評価雑誌で90ポイント以上の高評価を獲得している。2012年9月ロバート・パーカーのニール・マーティンによりヴァン・ドゥ・コンスタンス2007は97ポイントを獲得した。