ワールド・ワイン・バー羽田空港店改装中

2019/02/05
by Pieroth Japan
ワールド・ワイン・バー羽田空港店は現在改装中の為、営業しておりません。
リニューアルオープンは3月中旬を予定しております。
ご利用の皆様にはご不便をおかけし誠に申し訳ございません、今しばらくお待ち頂けますようお願い致します。
 
お近くの店舗をお探しの場合はこちらからどうぞ

年末年始の営業について2018/2019

2018/12/19
by Pieroth Japan
お客様各位
平素よりピーロート・ジャパンをご愛顧頂き誠にありがとうございます。2018年も残すところあと僅かとなりました。皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
来年も、お客様によりご満足頂けるサービスを提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。今後とも変わらぬご支援を賜りますよう社員一同心よりお願い申し上げます。
尚、年末年始のインターネットからのご注文受付及び出荷は下記となります。皆様には誠にご不便をおかけしますが、ご了承くださいます様よろしくお願い申し上げます。
年末最終出荷日: 2018年12月28日(金) この日に発送可能なご注文は2018年12月27日(木)分迄とさせて頂きます。
2018年12月28日以降に頂いたご注文は2019年1月7日より順次処理致します。
尚、年内配送可能期間内でもご注文の登録情報に不備等のある場合はこの限りではありません。
ご注文はなるべくお早めにお願い致します。
年始営業開始日: 2019年1月7日(月)
年始出荷開始 : 2018年1月7日(月)より順次出荷
           2018年1月8日(火)より通常出荷
尚、弊社の年末年始休暇は2018年12月29日(土)から2019年1月6日(日)までとなっております。2019年1月7日(月)より営業いたします。
 

シガリュス・ルージュが、2018年ノーベル賞授賞式晩餐会の公式ワインに選ばれました。

2018/12/12
by Pieroth Japan

ノーベル賞はスウェーデン王家臨席のもと、毎年ストックホルムにて盛大な授賞式典が執り行われ、受賞者に対し授与されます。

この様子は世界中にテレビ中継され、受賞スピーチやフィルハーモニー管弦楽団によるコンサート、晩餐会には世界各国から著名な研究者、科学者、文学者らが会します。

晩餐会で供されるディナーは数カ月もの準備を要します。料理とワインの組み合わせも、組織委員会により入念に検討されますが、今年、ノーベル・アカデミーはスウェーデンのストックホルムで2018年12月10日に行われる大晩餐会の料理に合わせるワインとして、300種にも及ぶワインの中からシガリュス・ルージュを選びました。

「このような祝賀の場にこうした形で参加できることは非常に光栄で誇らしく思います。2018年の全ノーベル賞受賞者にお祝いを申し上げます。」(生産者ジェラール・ベルトラン)

シガリュスは、ジェラール・ベルトラン社が所有する15のドメーヌの一つです。オード県ビザネ村に位置し、シガリュスはまたジェラール・ベルトランとその一家の住まいでもあります。2002年からバイオダイナミック農法でブドウを栽培し、出来上がったワインはデメター認証を受けています。

2018年の授賞式祝賀式典用にノーベル・アカデミーが選んだ赤ワインのキュヴェは、7種のセパージュのアサンブラージュです。シラーとカリニャンは房ごと醸造し、マセラシオン・カルボニック法により、美しい色と口当たりの柔らかいタンニンを抽出します。その他のセパージュ(メルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、カラドック、ムルヴェードル)は除梗後、通常の方法で醸しを行います。2月に果汁をアサンブラージュし、フランス製オーク大樽で12か月間熟成させ、瓶詰め後最低でも一年間熟成させ出荷を待ちます。シガリュス・ルージュは、世界的に知られたセパージュと地元のセパージュをつなぐ架け橋のごとく、両方の繊細なバランスを保つワインです。絹のなめらかさを持つタンニン、豊かなテクスチャー、花・フルーツ・スパイス(シャクヤク、ブルーベリー、セダー)の三つの複雑なアロマが、他にはないこのワインならではの特徴です。

シガリュスワインはこちら

入手困難!!1882年Ne Oublie Special Offer "ヌ・ウーブリ" ご案内中

2018/12/06
by Pieroth Japan

ご注文受付:12月28日まで
お届け予定:2019年 2月~3月予定

ポートワイン最高峰の一角を担う『GRAHAM’S』

グラハムは、1820年にウィリアム&ジョン・グラハムによって設立されました。そして1882年、アンドリュー・ジェームス・シミントンがグラハム運営に参画し、更なる成長と発展に大きく貢献しました。

そのシミントン家は1970年に正式にグラハムを受け継ぎ、今日その子孫であるジェイムズが家族と共に運営しています。

Ne Oublie 忘れないで 』と名付けられた非常に希少なポートワイン

2014年、シミントン家が保有していた3樽のうち1樽がボトリングされ、限定(656本限定)製造されました。シミントン家にとって記念すべき1882年ヴィンテージであり、グラハム家へのオマージュを込めてスコットランドにその起源を持つ

グラハム家の家訓『ヌ・ウーブリ「忘れないで」の意』と名付けられました。

麗しくそして唯一無比な秀逸なパッケージ

今回の魅力はそのパッケージにもある。ワインが入ったデキャンタ―型のボトルは、ポルトガルを代表するガラスメーカー、『アトランティス』によるハンドメイドで、1本1本にナンバリング。また、その首と底にあしらわれたシルバーは、繊細な銀製品を造る事で有名な、スコットランドの銀細工宝飾店『ヘイワード&ストット』の職人たちが成形し磨き上げたもの。そして、専用の収納箱は、ロンドンの超有名高級革装飾メーカー『スマイソン』によるハンドクラフトものです。

130余年を経ても尚輝き続ける、悠久の時を超えた秀逸な味わい

あのジェームズ・サックリングも『100点』の文句無しのお墨付き。

コメント:アプリコットやブラジリアンライム等の様々なドライフルーツの香り。

フルボディでとても甘みはある。酸味もイキイキしている。このポートの深みと純粋さには驚かされる。蜂蜜やキャラメル、ドライフルーツ。口の中に含むとより鮮やかさを増していく。何分も余韻は続き、何も言えなくなる。2014年7月

ファイナンシャル・タイムズ

不死身と言って過言ではない。ヌ・ウーブリ1882は壮大な色合い、深みがあり、グラスに纏わりつくような凝縮した味わいがある。そしてそれを信じるためには口にて味あわなければならない。

今世界が注目する入手困難なオールドヴィンテージポート

去る11月3日香港で開催されたオークションで1.5Lのラリック製ボトル入りのニーポート1863がポートワイン世界最高額落札としてギネスに認定されました。その入札は開始から熾烈を極め、当初の予想価格の6倍、そして先の記録を10万ドル上回る12.8万ドル(1460万円相当)で落札されました。

こうした超オールドヴィンテージポートはテイラーズの1855、1863、そしてグラハムのヌ・ウーブリ1882しか存在しないため、非常に希少価値が高い、極めて入手困難なアイテムとしてワインオークションマニアの中で注目が集まっています。

 

Item NO Description 価格
9249947 Port Graham's Ne Oublie,Old Tawny 1882 ¥1,089,720

Graham’s Port NO OUBLIE Towny Port グラハム ヌ・ウーブリトゥニーポート 1882

-750ml × 1入 (革張りのケース入)
-甘口・赤(酒精強化ワイン)/ ポルトガル産
-サービス温度:16〜18度
クリスタルで栓をする為、開栓後も6〜9か月は保存可能です

 

<販売条件>
・60セット限定です。
・先着順にて、2018年12月 28日までにいただいたご注文のみ承ります。
・ご配送は2019年 2月 - 3月予定
・キャンセルはお受けいたしかねます
・オールドヴィンテージに関して発生する、ラベル汚れ、ボトルキズ、キャップシール剥がれ、容量の目減り、色や風味の変化などがあることをご了承ください
※ 販売予定本数が僅少につき、ご予約いただいた時点で販売数が終了している場合もございます。ご了承ください。

オールドヴィンテージご注文前に必ず右記リンクをご確認下さい→オールドヴィンテージに関するご留意事項 

カリフォルニアの高評価ワイン、特別セット先行予約開始!

2018/11/19
by Pieroth Japan

1998年に創設されたヴェリテは、妥協を許さず、葡萄が育つテロワールを反映したワイン造りに励む。ヴェリテの名はフランス語で真実を意味する言葉に由来します。

ワイン批評家で、ワイン・アドヴォケイトのロバート・パーカーからヴェリテの3銘柄、ル・デジール、 ラ・ミュゼ、ラ・ジョワで七つの満点評価という歴史的快挙を成し遂げました。ソノマ・カウンティのワイナリーのなかで、このように複数のワインが満点を得たのは、ヴェリテが初めてです。

その3つのワインを木箱に入れた特別セットを今回限定60本を先行予約にてご案内致します!

規定数に達し次第ご案内終了となります、お見逃しなく!

ボージョレ・ヌーヴォー解禁!

2018/11/15
by Pieroth Japan
本日解禁しました、ボージョレ・ヌーヴォー!
毎年11月の第3木曜日にリリースされる、フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫された葡萄を使って造られた”新酒”ですね。
以前の解禁日はカトリックの祝日・聖サン・タルベールの日の11月15日に固定されていましたが、紆余曲折あり現在の第3木曜日となりました。今年は丁度、元々の解禁日と同じ15日です!
今年の出来は2017年、2015年、2009年と同様に伝説的なヴィンテージとして歴史に残る”と、大変期待のできる味わいと言われています。
また、この高評価の年に弊社取り扱いのボージョレ・ヌーヴォー各種が、フランスで行われたコンペティションにて賞を獲得致しました!
 
ボージョレ・ヌーヴォー 銀賞!
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 銀賞!
今年の偉大なヴィンテージ、既に先行ご予約で手に入れた方も、これから手に入れる方も皆様ご家族やご友人とお楽しみ下さい!!

アルマヴィーヴァ2016リリース

2018/09/05
by Pieroth Japan
 

2016年ヴィンテージ

2016年の生育期は、非常に乾燥した冬で始まりました。2015年5月~9月までの雨量はたった193mmで、
6月は、雨が全く降らず、8月は、1ヵ月間で119mmという大量の雨が降りました。続く春は、例年より寒く、
雨の多いコンディションでした。特に9月中旬から11月中旬にかけて、カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネールの
樹にいつもより少ない房数、“花振い”が発生しました。夏、特に12月と2月は、非常に暑くまた乾燥していました。
3月に気温が急激に下がり、4月16日~17日, 4月23~24日とプエンテ・アルトのブドウ畑に109mmという
例外的な雨量の雨が降りました。

生育サイクルが例年より遅れ、生物季節学のステージは、総じて通常よりも遅かったのですが、
このような不安定な気候条件の為、収穫は早々に始め、早急に終わらせました。
3月29日のゆっくりとしたスピードでメルローから収穫を始めましたが、最終日は、5月6日という、
例年より2週間早いペースで終わらせました。雨の後、我々収穫チームが健康的に育ったカべルネ種と
カルメネール種の葡萄を迅速かつ的確に摘み取り、ワイナリーで光学機械における選果と
厳しく注意深い監視の下での醸造により、プエンテ・アルトの偉大なテロワールに一致した、
豊かなフルーツの含みを持つ、フレッシュさのある個性的な、エレガントで飲みやすい有望なワインが造れました. 

テイスティングノート
深くて濃い、鮮やかなルビー色。ノーズは、ラズベリー、ブラックベリーなどの赤いフルーツとベリーの
繊細なアロマを示し、タフィーとコーヒーの含みと調和して融合し、上品で際立ったノーズを示します。
ワインのエレガンスさは、まろやかでフレッシュな風味により強調されます。
ほのかに存在するタンニンは、ブレンドされ、バニラとペッパーの余韻へと導きます。

葡萄品種:
66% カベルネ・ソーヴィニヨン、24% カルメネール、8% カベルネ・フラン、2% プティ・ヴェルド

熟成
フレンチオークの新樽にて16ヵ月熟成

 
先行予約のご案内は終了致しました、通常リリースをお待ちください。

マッセート 2015リリース

2018/09/04
by Pieroth Japan
 

マッセート 2015

皆様
待望のマッセート2015年ヴィンテージの、国際的なデビューの準備が整いました。
今回のヴィンテージの生育条件は概ね素晴らしく、マッセート2015年は今後最も求められ、長年に渡り楽しむことが出来るワインになることを確信しております。
ぶどう畑は毎年、魔法のような様々な要素から恩恵を受けています。気候、土壌の中の青粘土の存在、海からの影響、そして私達の従業員の絶え間ない入念な手入れです。
ぶどうの生育は、夏までは例年通りでしたが非常に暑く、7月の乾燥は一時的に成熟が止まるリスクもありました。しかし幸運なことに、冷涼な気候と8月中旬の降雨によりぶどうは最も調子の良い状態となり、それぞれのペースで成熟期間を終えることが出来ました。
アクセル・ハインツ(ワイナリー責任者・醸造責任者)は、まさに海からの影響がいかにこれらの生育過程において重要であったか述べています。冷涼な海風を生み、太陽の光の強度を特に夕暮れ時に最大化させるということが、ぶどうを完璧な成熟へと導き、収穫時期の気温を理想的な気温にすることが出来たのです。
この場をお借りし、海からマッセートへの類い稀な効果に敬意を表したいと思います。
ワインのスタイルは、素晴らしい気品があり、かつてないほどの力強さと優雅さを兼ね備えています。素晴らしいマッセートは、偉大なヴィンテージから生まれます。豪華で、シルクのような舌触り。地中海的な 特徴がはっきりと表れています。
このヴィンテージを、わたしたちが生産者の一部として関わったことを楽しんだのと同様に皆様が楽しんで頂けることをお祈りしております。皆様の貴重かつ継続的なご支援に感謝申し上げます。
敬具
アレキサンドラ・ベルソン
マッセート・ディレクター

 

気候と作柄
2014年という特異なヴィンテージの後、2015年ヴィンテージは非常に標準的なワイン造りに適したお手本のような年でした。標準的な冬に続き、数日の零下の日もありましたが温暖で適度な雨量により4月が始まって数日の間に発芽しました。春は乾燥して天気が良く、ブドウの生育にとっては理想的な条件で5月末には既に花が満開となりました。6月からは雨量が減り水ストレスが高まっていきました。7月は1ヶ月ずっと最高気温30度を超える日が続き、特に暑く乾燥した期間として記憶に残るでしょう。雨不足と熱波により、ブドウの成熟が止まり、早い時期の収穫が必要になるのではと懸念されました。幸いにも8月10日頃に激しい雨が降り、再びブドウの成熟が進み、成熟の最後の段階はとても爽やかな気候となりました。この冷涼ながらも日照量の多い天候は、収穫の期間中ずっと続きました。その結果全ての畑の区画のブドウが完璧な成熟状態、つまりフレッシュで生き生きとした芳香成分の質とポリフェノールが完熟状態となり、芳醇ながらシルクの様に滑らかで柔らかいタンニンを備えた状態になるのを待ったことにより、収穫は非常にゆっくりと行われました。8月29日に樹齢の若いぶどうから収穫が始まり、9月16日に「マッセート・チェントラーレ」の畑の収穫が終わりました。

醸造と熟成
収穫は、15kg容量の箱を使用して手摘みで行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを丹念に選別し、続いて軽く破砕します。2014年ヴィンテージでは、8つの区画ごとに別々に収穫、醸造を行っています。醗酵はステンレスタンクと木樽の両方を使用し、そのまま引き続き15-20日間のマセラシオン(醸し)を25-30°Cの温度で行います。マロラクティック醗酵はオーク材の新樽100%で行い、それぞれの区画ごとに12ヶ月間熟成されます。その後ブレンドの工程を経て、さらに1年間バリックにて熟成します。そして、瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント
非常に標準的なヴィンテージで、収穫の期間中は理想的な気温で気品あるマッセートとなりました。熟し、複雑で、非常にフレッシュなアロマを持ち、豊かでシルクのように滑らかな類い稀な品質のタンニンを備えています。色は濃く、深い色で、熟した赤い果実やスパイス香、バルサム香やココアなどの豊かなアロマが感じられます。口に含むと、官能的で豊かで非常に凝縮感があり十分かつ滑らかなタンニンが感じられます。果実味のある香りは、微かなオーク香によって引き立てられています。余韻はココアがしっかりと感じられる、フレッシュかつ鮮やかなフィニッシュです。

 
先行予約のご案内は終了致しました、通常リリースをお待ちください。
 
 

オーパス・ワン 2015リリース

2018/09/03
by Pieroth Japan
 
 
 
 
先行予約のご案内は終了致しました、通常リリースをお待ちください。
 
 

NEW!ワールド・ワイン・バー千葉店グランドオープン!

2018/06/27
by Pieroth Japan
親愛なるお客様へ、
ワイン好きの方々へ、
 
本日、千葉駅にて11店舗目となるワールド・ワイン・バー千葉店の開店を祝し、プレ・オープニング(プレス・VIP)を実施する事となりました。

つきまして、明日6/28の本開店より、ご来店いただくお客様全員に無料のワインテイスティングを実施いたします。
ご多用中恐縮ではございますがご来臨の栄を賜りますようお願い申し上げます。
皆様に心安らぐひとときを提供できる店づくりを目指していきたいと思います。
 
Kanpai ! Cheers ! Santé!
 
開店日:2018年6月28日
店舗詳細はこちら