ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

SALE

  • ポリナ シラー (2020) 詳細画像
3

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ

赤ワイン

辛口

ポリナ シラー (2020)

Pollinat Syrah

9282179

2020

テイスティングノート 凝縮した、深みのある赤と黒色。力強いノーズは、熟した果実、甘いスパイスとシナモンを含む。まろやかでしなやかアタック、中心は凝縮したコクの味わいを持ち、とても熟した果実となめらかなンニンを伴い、心地よいワインに仕上がっている。まろやかなフルーティーさは、日当たりの良い南フランスのテロワールを現し、スパイスがかった赤果実の凝縮した含みを示す。

葡萄品種 シラー 100%

サステナブル認証 AB、ビー・フレンドリー認証

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

数量

1

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷

タイプ

葡萄品種

テイスト

アルコール度数(%)

サーブする温度

容量

750ml

原産地呼称/等級

葡萄畑の位置 セヴェンヌ
気候 地中海性気候
地質 丸い小石を含む土壌
収穫 機械
醸造 選果後、ガス圧搾機を使い圧搾する。発酵前に、軽くマセラシオンし、ファイン・リーと一緒に発酵を、温度管理した桶で行う。
酸度 ≥3.5g/l
PH 3 残糖度 ≤4g/l

生産者

ジェラール・ベルトラン

南仏テロワールを体現するワイン

ラグビーのフランス代表選手だったジェラール ・ベルトランがオーナーのワイナリーです。 1975年、南仏コルビエールにある父ジョルジュ・ベルトランのワイナリー、シャトー・ド・ヴィルマジュでジェラールは初めて収穫を行い、ワインへの情熱が目覚めました。そこから12年、父ジョルジュのもとで修行を積みます。ワイナリー初代のポールからジョルジュ、そしてジェラール、さらにジェラール の子たちのエマとマティアスと、4代にわたって家族経営でワインを造っています。 ジェラールは、ラグビーのフィールドで学んだパフォーマンスと卓越性の価値を大切にしながら、コルビエールの最良のテロワールを実現し、世界に広める探求を続けています。1987年、父の死後、ヴィルマジュの家業を一手に引き受けたのも、そのような精神からでした。1992年、南仏ワインを展開していくため、ジェラール・ベルトラン・ワイン社を設立。





オーガニックワインへの情熱

2002年、ローマ遺跡で有名なナルボンヌと地中海の間にあるラ・クラップ自然公園内のシャトー・ロスピタレを取得し、ジェラール・ベルトランの事業はさらなる広がりを見せます。それ以降、成功の物語は続き、ラングドックを象徴するテロワールを持つ新しい葡萄畑が、ジェラール・ベルトランのワインのビジョンと多様性を豊かにしていったのです。
ジェラールは、自然を尊重しながら、優れたオーガニックワインの生産に強いこだわりを持っています。この環境保護の真の大使は、今日、オーガニックワインの世界的リーダーとなっています。
ジェラールは長年にわたり、ラングドック・ルーション地方の複数のエステートを買収し、よりクリーンな生産方法への移行を支援してきました。今日、その賭けは見事に成功し、すべての葡萄畑は少なくともABラベルを取得し、ワインはテロワールを見事に表現しています。





持続可能な開発への信念

南仏の最も素晴らしいテロワールにあるドメーヌを所有するジェラール・ベルトランは、世界中にオクシタニー地方の偉大なワインを広める大使として知られています。ピレネー山脈に近い標高の高い畑から、火山性土壌のテラス・デュ・ラルザック、地中海を望む沿岸の畑まで、ワイナリーは850ヘクタールに及び、ビオディナミ手法で造られています。南仏最良の畑で獲れる葡萄は、品種とテロワールのユニークな多様性を醸し出しています。 ジェラール・ベルトランは、持続可能な開発ポリシーを採用し、ICV(Cooperative Institute for Wine)、ADEME(フランスの環境エネルギー機関)やCNRS(フランスの国立科学研究センター)などの協力を得て、このユニークな環境を守ることに専念しています。

▶︎ この生産者でさがす

YOU MAY ALSO LIKE THESE