ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る

赤ワイン

辛口

ザ・プリズナー カベルネ・ソーヴィニヨン (2019)

9290180

2019

テイスティングノート ブラックチェリーと熟したプラムのアロマを示し、バニラやベーキングスパイスの層を持つ。凝縮したダークフルーツの風味が、芳醇で、たっぷりとした口当たりと、長い余韻の後味へと、力強く続く。

合う料理 そのままでも楽しめる。また、グリルステーキ、ローストしたマッシュルームなどと好相性

葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、マルベック、プティ・シラー、シャルボノ

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

数量

1

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷

気候 地中海性気候、温かく冷涼な夜。
土壌 粘土質ローム、分解された花崗岩、砂質ローム、沖積土壌
収穫 手摘み
醸造 10-12日間マセラシオン、100%フレンチとアメリカン・オーク樽で15ヵ月熟成、内55%新樽

生産者

ザ・プリズナー・ワイン・カンパニー

100の生産者とのネットワーク

デイヴ・フィニーは、禁酒法時代に盛んだったガレージ・ワインのブレンドに触発され、1990年代後半にザ・プリズナーの最初のヴィンテージを造りました。その後、ワインメーカーのジェン・ベロスとともに、このブランドの特徴である美しく、豊かで、熟した果実味と芳醇な口当たりを生み出すことのできる個性的な葡萄畑を見つけたのです。その畑の多くは、禁酒法時代から受け継がれた乾燥農法の葡萄畑で、プリズナー・ワイン・カンパニーのファミリーである栽培家たちは重要な役割を担っているのです。このブランドは、葡萄栽培の単一畑を持っていません。ブレンドに使用する葡萄は、カリフォルニアでユニークな品種を栽培する小規模生産者に依頼しています。ブランドは常にカリフォルニア中の葡萄農家と新しい関係を築いており、100の生産者とのネットワークは今後も拡大していきます。




フラッグシップはじめ13品種を展開

ナパ・ヴァレーのラザフォードで生まれたプリズナーは、あまり知られていない赤のブレンドから始まりましたが、10年も経たないうちに、このブランドはヒュネイアス・ヴィントナーズに売却されました。2016年には、再び大手飲料コングロマリットであるコンステレーション・ブランズに売却されました。前述の赤ワインブレンド「ザ・プリズナー」は、現在では「ザ・プリズナー・ワイン・カンパニー」として、フラッグシップラベルをはじめ、13品種を展開するワイナリーブランドとなっています。プリズナーは現在、コンステレーションが所有する100以上のブランドの1つであり、2017年には約16万5000ケースのプリズナーを生産し、当初の生産量から飛躍的に増加しました。




レディー・ガガもファンの一人

1800年代にスペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが描いた1枚のスケッチをもとに、ブランドミッション全体を決定しました。プリズナー・ワイン・カンパニーは、このスケッチからインスピレーションを受け続け、決して自己満足に陥ったり、ルールや伝統に縛られたりしないよう、常に注意を促しているのです。プリズナーは、その伝統にとらわれないラベルとスタイルで一躍有名になり、多くのファンを獲得しました。レディー・ガガも「プリズナー」ファンの一人です。実際、彼女のラスベガス公演のバックステージには、プリズナーのワインが用意されています。

▶︎ この生産者でさがす

YOU MAY ALSO LIKE THESE