ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る
  • オーパス・ワン (2018) 1500ml 詳細画像
5

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ

赤ワイン

辛口

オーパス・ワン (2018) 1500ml

Opus One Magnum

9320953

2018

本商品はマグナムボトルです。

オーパスワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主、フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。
オーパスワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。

テイスティングノート オーパスワン2018は、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、上品なスミレ、白胡椒、そしてバラの花びらへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。新鮮で瑞々しい黒果実の味わいがしなやかに幾層にも重なり、オレンジの皮、甘草、ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。美しくバランスのとれた滑らかでやわらかなタンニンは、フレッシュな酸味と相まってソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 84%、プティ・ヴェルド 6%、メルロー 5%、カベルネ・フラン 4%、マルベック 1%

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

数量

1

お気に入り

お気に入り

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷
生産者
生産地
タイプ
葡萄品種
テイスト
容量

1500ml

ヴィンテージ 2018 2018年は安定した天候と穏やかな気温に恵まれ、素晴らしい成育条件が整いました。年初めは水不足に見舞われましたが、萌芽直前の絶好のタイミングで降った雨は、枝葉の生育に必要な水分をもたらしました。申し分のない栽培環境が確実な開花と結実につながり、例年を上回る収量となりました。この年の成育期は遅いスタートでしたが、平年のわずか7日遅れでヴェレゾン(色づき)が始まり、ぶどうの完全な成熟に必要な時間は十分にありました。収穫は9月19日に始まり、順調なペースで10月25日に終わりました。
マセレーション 18日間
樽熟成 フランス産オークの新樽で17ヶ月

ロバート・パーカー 98 ポイント!
生産者

オーパス・ワン

オーパス・ワン| ピーロート・ジャパン オンラインショップ

オーパス・ワン



バロン・フィリップ・ド・ロートシルトとロバート・モンダヴィ

オーパスワンは、1978年にシャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的オーナーだったバロン・フィリップ・ド・ロートシルトと、ナパ・ヴァレーの著名なワイン生産者ロバート・モンダヴィによって設立されました。両者のワイン造りの伝統と革新性を融合させることで、パートナーたちはナパ・ヴァレーの中心で特別なワインを造ることを目指したのです。オーパスワンは成功を収め、「カリフォルニアのグラン・クリュ」と言われ、高く評価されるように。オーパスワンでは55haの葡萄畑にボルドー品種を植えています。フィリピーヌ・ド・ロートシルト夫人は1991年、ナパ・ヴァレーの名建築のひとつとなったオーパスワンの新しいワイナリーを建てました。2004年、コンステレーション・ブランズがロバート・モンダヴィ・ワイナリーを買収し、翌年、バロン・フィリップ・ド・ロートシルト社と、オーパスワンを50/50のジョイントベンチャーとして継続することに合意。オーパスワンは、その独立性を主張し、2つのパートナーの間で完璧なバランスを保ちながら、創業者のビジョンと情熱を次世代に伝えることを唯一の目的としています。




伝統と革新の融合

オーパスワンのエステートは、丁寧に垣根で4つの区画に分けられた葡萄畑で構成されています。ここでは、葡萄畑を担当するチームが、経験、情熱、献身でもって、ボルドーの伝統的な5つの葡萄品種を栽培しています。人の手を介した重要な作業が、繊細な説得と穏やかな抑制のバランスによって、各ヴィンテージの特徴を引き出しています。優れたワインづくりは、葡萄畑から始まります。オーパスワンが誕生したとき、創業者たちは、世代を超えた偉大なワインを夢見たのです。それから40年以上、彼らは伝統的な手法を尊重し、革新と改善を継続的に追求することで、オーパスワンの複雑で繊細な味わいに磨きをかけ続けています。




サステナビリティの実践

葡萄畑では、手摘みによる収穫やその他の伝統的なアプローチが、最も効果的な方法で行われています。近代的な技術がワイン造りに役立つ場合は、検討・調査され、評価され、実践に採用されています。オーパスワンは、農家であり職人であり、彼らが共有するの未来に深い関心を寄せていて、サステナビリティの実践がワイナリーや近隣住民、そしてお客様のためになるということを認識しています。オーパスワンの文化や社内の慣習は、エネルギー、水、廃棄物管理、輸送、購買、食品分野における保全と責任ある消費へのコミットメントを反映しています。



続きを表示 ▼

▶︎ この生産者でさがす

よく一緒に見られている商品

おすすめ特集