ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る
  • セコイア・グロウヴ ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン (2020) 詳細画像
5

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ

赤ワイン

辛口

セコイア・グロウヴ ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン (2020)

Sequoia Grove NV Cabernet Sauvignon

9310368

2020

テイスティングノート 赤色。ブラックチェリーにクリーミーなバニラが混ざった、表情豊かなノーズを示す。ブルーベリー、ブラックベリー、チェリーコーラ、グリルした肉のアロマが続く。口に含むと継ぎ目の無い、エレガントさを感じ、タンニンはシルクのように滑らかで、凝縮したチェリー、花の含みに、ほのかに焦がした砂糖とローストナッツが加わる。今すぐ飲める、また10年程の熟成も可能。
合う料理 ステーキやポーク、アヒル、ロースト野菜など、さまざまな料理と好相性。
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
サステナブル認証 ナパ・グリーン・ワイナリー認証、ナパ・グリーンランド、フィッシュ・フレンドリー・ファーミング"


*本ヴィンテージが在庫切れの場合、在庫があり価格が同様の場合は自動的に次のヴィンテージに変更されますのでご了承ください。

¥ (税込)

¥ ¥ (税込) % OFF

数量

1

お気に入り

お気に入り

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。

商品情報のダウンロード

商品PDF印刷
生産者
生産地
タイプ
葡萄品種
テイスト
アルコール度数(%)
サーブする温度
容量

750ml

テロワール 比較的穏やかなヴィンテージで、若干の湿度とシーズン終盤の暑さのスパイクが散見され、収量は平均に近いレベルだった。冬に大雨が降り、その後春ににわか雨が数回続き、早熟品種の飛散を助長した。夏の天候は穏やかで理想的だったが、6月に異常な湿度があり、8月と9月下旬に数日間にわたって38℃を超える猛暑に見舞われた。それによりタンニンを素早く展開し、みずみずしさと寛大な果実味をもたらした。
葡萄畑の位置 ワインの複雑さは、ナパ・ヴァレー全体から調達している葡萄から生み出されている。葡萄の大半はラザフォードの自社畑から: セコイア・グロウヴとトネラ。残りの葡萄は、渓谷全域の協力関係にある栽培農家からのもの。生産者の多くとは数十年にわたり関係を築いている。葡萄は以下の畑から調達: ステージコーチ(アトラス・ピーク)、モリゾーリ(ラザフォード)、ラモロー(オークノール)、フレディアーニ(カリストガ)、ハイド(カーネロス)、ジョンソン(ヨントヴィル)、イサカ(ラザフォード)、ウシベリ(ラザフォード)、クリスチャン(クームスヴィル)。
収穫 手摘み収穫
醸造 偉大なワインは葡萄畑から始まる。ワイナリーの自社畑を熟知し、栽培農家と緊密に連携している。全ての葡萄の房が完璧に成熟するよう、個々の葡萄樹のバランスを取る。収穫期に、傷んだ房は葡萄樹に残す。全ての房を手作業で選果と除梗し、果実を1粒ずつ選別し、完璧な果実だけを発酵タンクに入れる。フランス産酵母を投下する前に、果実は1~3日間コールドマセラシオンする。ポンピングオーバーしながら、すべてのロットの抽出を微調整するために、発酵中にはテイスティングを行う。目標は畑の表情を最大限に引き出すこと。ワインの個性が十分に表現されたと感じたら、果皮を取り除き、優しく圧搾する。ワインは樽に移し、フレンチオーク樽でマロラクティック発酵を完了する。20カ月間ゆっくりと熟成し、瓶詰め前にワインの状態に応じて2~3回澱引きを行う。
熟成 フレンチオーク樽で20カ月熟成、内50%新樽

生産者

セコイア・グロウヴ・ヴィニヤード

セコイアの木立の下にある築100年の納屋のワイナリー

セコイア・グロウヴのワイナリーと葡萄畑は、この地域で最初のヨーロッパ系アメリカ人の開拓者であるジョージ・ヨントに、1836年に与えられた、ランチョ・ケイマスの土地権利の一部でした。その後、1978年にジェームス・アレンとバーバラ・アレンが購入するまで、この土地は何度も所有者が変わりました。翌年、2人はセコイアの木立の下にある築100年の納屋をワイナリーにしてオープンし、セコイア・グロウヴは誕生しました。葡萄畑はラザフォードにあり、素晴らしい気候と砂利混じりのローム土壌が、ボルドー品種の独特な風味を醸し出すのに役立っています。




完全に地下にあるセラー

セコイア・グロウヴは、1世紀を経たワイナリーと1860年代に造られた田舎風の納屋の頭上にそびえる、堂々としたセコイアの木からその名が付けられています。今日、この納屋は、セコイア・グロウヴの誇るワイン造りの伝統の象徴として、セコイアの木の下にワイナリーとして残されていますが、1987年春、地下セラーを含む最新鋭の施設が完成したのです。セコイア・グロウヴの革新性は、ナパ・ヴァレーで初めて完全に地下にあるセラーを建設したことで証明されています。このセラーは、ワインを熟成するのに最適な条件を提供しています。ナパ・ヴァレーの水位が高いため、多くの懐疑的な意見を受けながらも、彼らは粘り強く地下施設を建設し、彼らが造るワインをヨーロッパのワイナリーのものに近づけることができたのです。このセラーは、12.5℃の温度と一定の湿度でワインを保管することを可能にし、貴重な葡萄畑の面積や人工的冷却装置の費用に負担をかける必要をなくしたのです。





ナパ・グリーン・ワイナリーに認定

この敷地は、ラザフォード・ベンチとして知られるエリアの境界内に横たわっていると言われています。ラザフォード・ベンチの特徴のある土壌は、ラザフォード村のすぐ北にある渓谷の西の丘陵から、南はオークヴィルまで伸びています。セコイア・グロウヴ・ワイナリーは、ナパ・グリーン・ワイナリーに認定されています。伝統を尊重し、未来のために農業を行うというビジョンに基づき、葡萄畑では最小限の介入、セラーでは穏やかなワイン醸造を行い、サスティナブルな農法を守っています。全部で9種類の葡萄品種を扱っていて、そのほとんどは、品種の正確さを追求した単一品種であるワインメーカー・シリーズに含まれています。エレガントな白、ロゼ、赤ワインが揃っているので、ワインと料理の相性を最大限に引き出してくれる、お気に入りのワインが見つかることでしょう。

▶︎ この生産者でさがす

よく一緒に見られている商品

おすすめ特集